とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 03/08

【ポケモン】ORASラグマンダキザンパーティーの変遷とメガボーマンダ考察など レート1800

スポンサーリンク

移行後の追記部分は赤字で書きます。
今回の移行記事はラグマンダキザンパーティーについてです。
このパーティーはORASが発売してすぐに僕がレートで使ったパーティーで環境が定まっていない中、パーティーをあれこれ考えて変化させてきたのでその様子とともにパーティーを紹介していきたいと思います。



レート潜りたて レート1600~


当時一番最初期に構築したパーティーです。
ragumandakizan1.png



使用頻度としてはラグラージ=ボーマンダ=キリキザン>>>>ファイアロー>ユキノオー=Wロトムです。

ラグラージ・ボーマンダ・キリキザンの型は一番初めは以下の通りでした。

ラグラージ@オボン
腕白 HBS 激流(←おそらく今回に至っては湿り気のほうがいいです)
雪雪崩・地震・ほえる・ステロ


ボーマンダ@メガ石
意地っ張り AS 威嚇→スカイスキン

捨て身・ドラクロ・地震・竜舞

キリキザン@命の珠
意地っ張り HAS 負けん気
不意打ち・叩き落とす・アイアンヘッド・剣舞


トップメタ(当時)のメガマンダを使ってみました。ドラゴンの憎き敵のニンフィアを捨て身で吹っ飛ばしたときは爽快でした^-^。

あとキリキザンが当時の環境にむっちゃ刺さっていると思ったら本当に刺さっていてキリキザンかっこよすぎました。後出しから3縦したときは世界チャンプが認めただけはあるなと思いました。メガグロスをステロ込みで不意打ち一発で持っていって完全に僕の中で強キャラ系ダークヒーローです。
Sを4振りミトム抜き抜きくらいまで振っておくと思考停止叩き落とすが通りやすくなって変な択に持ち込まなくて済む印象でした。

この後、ラグラージの雪雪崩を岩石封じに変更してよりサポート重視の型にしました。

各ポケモンの使用感を書いておくと

ラグラージ
意図はしていないのですが配置を変えたらなぜか先発を読まれなくなったので割と動きやすくなりました。メガ進化前のボーマンダ、ファイアロー、Wロトムが誘う先発ライコウと対面することが多いのでその時はすかさずステルスロックを撒きます。新しく採用した岩石封じは挑発を打たれても起点になりづらいので個人的に気に入っています。ただ、草むすび持ちのポケモンが一定数いるので少しでも怪しかったら引くことをお勧めします。

メガボーマンダ
舞うタイミングを見つけて舞うのが一番ですが単純に有利対面を作ってメガ進化して捨て身をするだけで十分強いです。一度メガ進化すれば準速でも最速ガブを抜けるので早めにメガ進化をしておきたいです。たまに特殊型にしたくなることがありますがもう少し対戦数を稼いで様子を見ます。

キリキザン
どのポケモンにも言えることですがこのポケモンはとにかくはまれば無茶苦茶強いです。交代読みの叩き落とすと不意打ちをうまく搦め手戦う必要がありますが想像以上に火力が出ます。ボーマンダに役割破壊の氷技が飛んできそうになったら基本的にキリキザンに引きます。


そして残り3体は型紹介をこのブログでしていないのでそれを含めて

ファイアロー@ゴツゴツメット
陽気 HBS 疾風の翼
鬼火・挑発・ブレイブバード・羽休め

まだわずかにいるガルーラとかを対処してもらいます。頑張れば挑発と鬼火でマンダの起点を作ることもできます。
ORASでも割と安定して強いです。ただし鬼火外しからの襷ガッサの返り討ちはNG。

ユキノオー@ラムの実
控え目 努力値忘れました 雪降らし
ふぶき・草むすび・寄生木・守る

XYボックスに眠っていたユキノオーを輸送しました パーティーが水タイプに弱いのでその対策に採用しました。
ラムの実はあくびループをしてくるポケモンが割とユキノオーでなんとかなるので持たせてみました。サンダー・スイクンの組み合わせに戦果をあげましたが選出率は低いです。

Wロトム@こだわりメガネ
控え目 CS 浮遊
ボルトチェンジ・トリック・十万ボルト・ハイドロポンプ

ゲッコウガに対してパーティーが弱すぎるので採用しました。メガネトリックで起点を作ることもできそうですがどう考えてもこだわりスカーフのほうが使いやすいと思います。ただ、BPがなさ過ぎて泣く泣くメガネを持たせています。


パーティーの軸であるラグ・マンダ・キリキザン以外は正直有り合わせレベルです。特にゲッコウガが無茶苦茶重いのでゲッコウガにもう少しパーティーを強くしたいと思います。
そのうち後半の3体は外すと思います。
当時の環境をまだつかめていなかったりどんなポケモンが自分のパーティーに対して出てくるかいまいち把握できていなかったりして初めのほうは勝利数=敗北数の状態でした。それからパーティーの回し方を覚えて連勝して1600に到達した感じです
ただこの先ラグラージ・ボーマンダ・キリキザンにほぼ依存するようなパーティーでは苦行でしかなく、勝ち進めないと思うのでそろそろ新しいポケモンの育成をしていくと思います。

現在はメガゲンガーとポリゴン2の採用を新たに考えています。これらをパーティーに入れればボーマンダが選出しにくい時も無理なく選出が決められそうです。


ボルトゲンガー採用とメガボーマンダ考察 レート1700~


最高レートは1798であと一勝で1800到達というところで連敗に連敗を重ねて対戦数をいくらかせいでもレート1800到達は無理そうな感じがしました。ちなみに最高レートの時は順位は3ケタになったところを確認しました。

早速パーティーの紹介と使用感を書いていきます。
ragumandakizan.png

パーティーの並び自体はこのブログで何回も出てきました。

では個別解説を。


ラグラージ@オボン
H252 B236 S20 腕白 激流
岩石封じ・地震・ステルスロック・あくび


あくびによる起点作りではなくサイクルを回しながらステロを撒いたりしていきます。ライコウが重いので相手に来航がいたらまず選出します。あとこのパーティーはバシャーモを本当に呼ぶのでなるべくダメージが少ない状態でバシャーモと対面させることを意識しました。


ボーマンダ@メガ石
AS252 意地っ張り 威嚇→スカイスキン
捨て身タックル・火炎放射・地震・ドラゴンクロー


ここにきて有利対面を取りづらくなりました。というのも上から殴ってくるミミロップ、ゲッコウガ、マニューラがどうしても多く、有利対面を取ったとしてもポリゴン2に受けられてしまう場面が多かったからです。うまくキザンを合わせたかったのですがなかなか思うようにいかない場面も多々ありました。現在特殊寄り両刀マンダを考察中。


キリキザン@命の珠
H余り A252 S実数値140 意地っ張り 負けん気
叩き落とす・不意打ち・剣の舞・アイアンヘッド


癖は強いですが個人的にはかなり活躍してくれました。メガボーマンダとも後述のメガゲンガーとも相性がよく、無理なく選出できます。叩き落とすを使うことができる有利対面を取ることをが勝利へのカギだと思うので交代読み交代も割と積極的に行いました。


ボルトロス@脱出ボタン
H252 D余り S最速70属抜き 穏やか 悪戯心
電磁波・どくどく・挑発・10万ボルト


基本的に僕のパーティーには先発で早いポケモンが来るので電磁波を撒いて脱出します。ただし電磁波はとても読まれやすいので地面タイプや電気タイプに交換されがちです。なので、その場合はどくどくを入れてゲンガーにつなぐのが理想ですが深読みで変なことをやらかしたりもしました。耐久は思ったよりありました。


メガゲンガー@メガ石
CS252 臆病 浮遊→影ふみ
祟り目・ヘドロ爆弾・道連れ・鬼火


ボルトロスの状態異常から繋いで祟り目で一体を持っていき、もう一体を道連れで持っていくのが理想の流れです。
道連れはバシャーモ相手では基本的に守られ、馬鹿力を打たれて不発に終わってしまうのでタイミングを見てボルトロスが生き残っていたら早々に交代して電磁波を入れて祟り目で〆るのがいいと思いました。


ポリゴン2@進化の輝石
H252 B236 S20 図太い トレース
れいとうビーム・どくどく・電磁波・自己再生


メガゲンと組ませることが多いので状態以上技を二つ採用しています。イカサマを前まで入れていたのですが打つ機会がほとんどなかったので外しました。毒がうまく入れば自己再生をするだけで突破できたりもします。ただ、輝石を叩かれると思ったより耐久が下がるので注意が必要です。



このパーティーはとにかくメガミミロップが重く、バシャーモもなかなかきついです。つまり早い格闘タイプに弱いという感じです。ナットレイ・ポリゴン2も処理ルートがかなり限定的でいろいろと対処がきつかったです。これらのポケモンは少し前までは見かけなかったのですがレート帯なのか時期なのかわかりませんが急に増えた感じがして完全にその流行にのまれてしまったという感じです。あと最近無茶苦茶見る襷ガッサも割ときつかったです。

今思えばカバルドンの採用でどうにでもなった感が半端ないです・・・

僕が使ったパーティーは基本的に対面がそんなに強くなくサイクル戦や全抜き体制を整えて勝負するというものでした。ただそれだと限界が来てしまったので今度は新しくメガへラクロスを採用したいと思います。
今結構メガへラクロスが刺さっていると思うので追い風ファイアローと組ませたりして様子を見たいと思います。
それにメガへラクロスは対面性のが相当高いのでパーティーの補強に一役買ってくれそうです。

あくまで当時の話でした。このころに準速剣舞へラクロスの育成に行きついていればもう少し勝率が良かったかもしれません。


その当時の物理メガボーマンダ考察


1700に到達してすぐに勝ち数=負け数の状態が少し続いてなかなか上がらなかったのですが一勝して調子を取り戻したら連勝して1750を超えるようになりました。

1700からはメガゲンガーもメガボーマンダも相手のパーティーへの刺さりやすさを意識しながら選出していきました。

そしてそのメガボーマンダを使っていて思ったことを少し書いていこうと思います。

メガボーマンダ@メガ石
AS252 意地っ張り

という個体を使っています

メガボーマンダについての長所として
①スカイスキン
これは本当に強い特性です。捨て身タックルが適用された場合の具体的なダメージ計算は
H無振りガブリアスへダメージ: 165~195 割合: 90.1%~106.5%
H252ニンフィアへダメージ: 223~264 割合: 110.3%~130.6%
H252ナットレイへダメージ: 127~150 割合: 70.1%~82.8%
H4振りメガガルーラへダメージ: 159~187 割合: 87.8%~103.3%
H4振りメガサーナイトへダメージ: 223~264 割合: 127.4%~150.8%
H252振りマリルリへダメージ: 190~225 割合: 91.7%~108.6%

このような感じです。細かい耐久調整は考慮していませんが今まで天下を取ってきたガブリアス・メガガルーラやドラゴンの天敵のフェアリーに有無を言わせない火力は本当に素晴らしいです。ステルスロックが入れば上記のポケモンは全てほぼ確定で持っていけるでしょう。

②S種族値120

実数値が172でこれはガブリアス(S実数値169)を上回ります。準速でこの素早さはかなり頼もしくほとんどのポケモンを上から殴ることができます。メガ進化前が激戦区の素早さ種族値100なので威嚇がいらない(またはS上昇のほうが重要)ならなるべく早くメガ進化したほうがいいです。このポケモンを最速まで考慮した場合に上から叩けるポケモンのうち脅威になるのはゲッコウガやマニューラなので後続でサポートするように心がけます。ポリゴン2は割と安定してそれらのポケモンを受けることができます。

③威嚇+防御種族値130による物理耐久
威嚇を入れてからメガ進化をすれば物理ポケモン相手に技を一回受けてから無理やり竜の舞を積むなんてこともできます。実際に僕はメガクチートのじゃれ付くを耐えるところを目の当たりにしました。特性に数値が加わって最強に思える。


☆竜の舞について
メガボーマンダの抜き性能をさらに上げる技として竜の舞があります。
実際に一度舞いさえすればゲッコウガやマニューラも上から叩くことができ、試合を終わらせることもできたりします。
ただ、僕はしばらく(レート1600辺りから)竜の舞を使っていません。舞ったらその隙に倒される、結局はギルガルドなどに受けられる、吹き飛ばされるなどの状況があまりにも多かったからです。また、舞っている隙に受けるダメージと捨て身の反動ダメージを考慮するとかなり短命になってしまいます。なので僕はボーマンダに竜の舞を覚えさせていますが、現在はガブリアスより早い素早さから圧倒的な飛行物理技を打てるポケモンという認識で戦っています。
竜の舞を積みたいのであればステルスロック(襷つぶし)・両壁などのサポートが必須だと思います。
現在はフルアタ構成のメガボーマンダか身代わり搭載型を考えています。

☆苦手なポケモン
個人的に戦いづらいのはマニューラ・ゲッコウガ・ギルガルドです。マニューラに対してはラグラージを、ギルガルドに対してはキリキザンをぶつけていて少し前までは戦えていました。ただゲッコウガに至っては草技・氷技・新教え技の格闘技・ハイドロポンプなどを搭載しているのでラグマンダキザンの並びではきついところがあります。さらに最近はメガリザードンYがきついと思いました 環境にメガリザードンYが刺さっているということもありますがさらに、めざパ氷を搭載している個体と最近当たりメガ進化する前のボーマンダを完全に潰しに来たことがわかる構成でした。
ただ、ボーマンダを意識するパーティー構築・選出ではかなり無理が出るというかどうしても手が届かない範囲が出てくるのでそこを強襲するような軸をパーティーに組み込んでおくといいかもしれません。




環境でトップクラスのポケモンということもあって対策もかなりされています。なのでメガボーマンダを使うのであればその対策ポケモンをさらに対策するポケモンを組み込んでおく必要があります。
例を挙げると、メガボーマンダ対策のギルガルドが出てきたらキリキザンに引きます。聖なる剣はリスクが大きすぎるのでまず来ないですし、ギルガルドのメインウェポンのラスターカノン、シャドーボール、そして、めざパ氷は全てキリキザンは半減で受けることができます。キリキザンとギルガルドの対面を作ったら叩き落として相手のサイクルを崩したりします。

そのようにして少しずつメガボーマンダを動きやすくして最後はメガボーマンダの技の一貫性を作れば基本的に勝てます。飛行技はかなり通りがよく、逆に言うと通りが悪いポケモンは限定されてくるのでつぶしやすいです。


メガボーマンダの考察は以上です。



メガへラクロス投入 レート1800到達



レートがようやく1800に達したのでパーティーの紹介と行きます。ただ、一週間前位に1800間近まで来たとき順位が3ケタだったのでレート1800のラインが緩くなったおかげで到達した感じがしますブログパーツ。


では早速パーティー紹介から
ragumandakizan3.png

ボーマンダ@メガ石
意地っ張り AS252 威嚇→スカイスキン
捨て身タックル・からげんき・ドラゴンクロー・じしん


パーティーのエースです。安全にメガ進化できるときにメガ進化して高火力飛行技でどんどん押していきます。
初手で鬼火をしてくるファイアロー・メガゲン・ヤミラミを分からせるからげんきを搭載しました。パーティーが物理に偏重しているので鬼火をよく誘います。
舞って全抜きではなくサイクル戦で負担を掛けていくタイプのボーマンダです。


へラクロス@メガ石
意地っ張り HAS 虫の知らせ→スキルリンク
種マシンガン・ミサイル針・ロックブラスト・インファイト


前までもう一つのメガ枠はゲンガーだったのですがメガボーマンダとメガゲンガーではポリ2とナットレイが重すぎたのでメガへラクロスを採用しました。メガマンダが誘うクレセリア、ナットレイ、ポリ2に相当有利になれます。相手の選出をよんでメガ枠をメガボーマンダかメガへラクロスのどちらかにするか決めます。決め方は単純に相手のパーティーの刺さり具合と受け出しのケアを考えての選出です。


キリキザン@命の珠
意地っ張り HAS 負けん気
不意打ち・叩き落とす・アイアンヘッド・剣の舞

ボーマンダとともに超攻撃的なサイクル戦を仕掛けていきます。耐久ポケモンと対峙した時すれば叩き落とすが安定になります。 このパーティーのメガ進化は二体ともギルガルドに弱いのでキリキザンはかなり重宝しました。ちなみに一定数対戦数を稼ぐとキリキザンの交代読み交代をするべきタイミングはつかめると思います。


ラグラージ@オボンの実
腕白 HBS 激流
地震・岩石封じ・ほえる・ステルスロック

ラグマンダキザンパとか言っておいて起点作りではなくサイクルに入ってくるラグラージです。ただサイクルに割って入る型なのに回復技もないので微妙でした。バトンパにはある程度強く出れたのですが結局それもあくびを入れた起点作りの型で何とかなりますので個人的にはあくびを遺伝させておいたほうが良かったと思いました。


ポリゴン2@進化の輝石
腕白 HBS トレース
れいとうビーム・放電・どくどく・自己再生

物理竜を倒したり耐久型に毒を入れたりするのが主な役割です。放電は相手が打つとすぐ麻痺らされるのに自分の時は全然麻痺らないと感じます。叩き落とすをされると急激に耐久が下がる印象です。


ファイアロー@ゴツメ
陽気 HBS 疾風の翼
鬼火・羽休め・ブレイブバード・挑発

バシャーモとメガミミロップへの後出しがきつすぎたので採用した枠です。XY時代から使っていて何かと重宝しましたが今回もまあまあ活躍してくれました。ただSラインが平均的に上がったことやラムガブが増えたことが災いして前よりも使いづらくなった印象です。それでも技の手順を間違わなければクレセリアとかを突破できるポテンシャルを秘めています。ちなみに相手に襷ガッサがいればまず初手に来るので初手に出して鬼火→ブレバで〆ます。



パーティーの総評ですがぶっちゃけ欠陥構築です。
メンバーを見ていただければわかるのですが性格・努力値振りが偏重しまくっていてかなり動きづらかったです。
ラグマンダキザンとかいう名前なのに ラグラージがあくびして起点作り→ボーマンダ舞う→ボーマンダを倒す相手を起点にキリキザン舞う ということもせずただ強行的にサイクル戦を仕掛けて何度も危ない橋を渡りました。
1800に到達したのもただ単に対戦数を稼ぎまくって全体のレートが高くなる時期も相まったおかげだと思います。
なので今回のレート1800到達を機にこのパーティーもいったん解体します。


この後、ラグマンダキザンを使うことはありませんでしたがラグラージを抜いてマンダキザンの組み合わせを意識したパーティーを作ってレートに潜っていたのでそれも紹介します。というか、やはりラグラージにはあくびを覚えさせる必要があったなぁと今になって思います。


リザクレセ+マンダキザンパ―ティー レート1850~


mandakizan.png
最高レートは1876でいまひとつ伸びませんでしたが紹介していこうと思います。

メガ進化はリザードン(Y)とボーマンダです。

ボーマンダがきついポケモンは基本的にリザYで何とかなりそうと思ったこととやがては過剰晴れパ。を使用したいと思ったのでリザYを使ってみました。XYのシーズン1の時はリザY軸で1900を達成したのでこのポケモンに関してはある程度使い慣れています。

では個別説明から


リザードン@メガ石
臆病CS 猛火→日照り
オーバーヒート・火炎放射・ソーラービーム・地震


有利対面を作ってオバヒを打って打って打ちまくるポケモンです。ASガブリアスに対しても7割はダメージが入るので次のサイクルで後出しができなくなります。メガマンダ意識で出てくるクレセリア・ポリ2にも努力値振りがどうしても物理によることから打点が期待できます。地震はヒードランほぼピンポで採用しました。地震の枠は選択枠だと思います。本当は気合玉を採用したいのですがオバヒさえも肝心なところで外すリザードンには荷が重いと判断しました。
また、個人的には威嚇をトレースして来たりマンダの捨て身を耐えてくるフェアリーに強いところが気に入っています。


ボーマンダ@メガ石
意地っ張りAS 威嚇→スカイスキン
捨て身タックル・からげんき・地震・ドラゴンクロー

ガブがいる以上どうしても氷がきつくなりますがそれを差し引いてもやはり強いです。特に上位体以上んに強い個体なので鬼火が初手効きそうな場合でリザYの選出がきつそうな時に選出します。
また、状態以上に頼るパーティーでパーティー全体も中速によっている場合はリザYよりもこちらを優先させます。
この枠はやがてはスカーフ過剰ボーマンダになるかもしれません。


クレセリア@ゴツメ
図太いHBS 浮遊
れいとうビーム・サイコキネシス・電磁波・月の光


満を持して登場した最強の物理受けです。リザYとは月の光の回復量の増大というシナジーがありリザYの苦手な高速物理アタッカーに対して割と強めに出ることができます。2回舞ったガブリアス(おそらくAぶっぱではないですが)の逆鱗を耐えるあたりさすがの耐久だと思いました。構成自体はテンプレなので特に工夫した点はないです。


ガブリアス@ラムor襷
陽気 AS サメ肌
ドラゴンクロー・地震・岩石封じ・ステルスロック


大晦日らへんから使用率一位になったレートポケモンの鏡。このポケモンは持ち物が襷だったりラムだったりと結構変わります。理由としてはキノガッサがこのパーティーはものすごく重いのでその対策のためにラムを持たせます。ただ、そうすると一発耐えて岩石封じをして殴ったり、ステロを撒いたりできなくなるので悩ましいところです。現在はラムです。たまに無理してガブマンダみたいな選出をしますがそれもまた強いです。基本的にはガブガステロを撒いて削ってリザYにつなげてクレセリアと何回かサイクルをしてダメージレースに勝つなんて流れが理想です。


ローブシン@オボン
意地っ張りABベース(詳しい努力値振り忘れました;) 根性
ドレインパンチ・マッハパンチ・冷凍パンチ・叩き落とす


ゲッコウガとマニューラでこのパーティーが壊滅するのでそのメタで入れた枠です。あと激重のスカーフサザンにも強いと思ったのですがHにほとんど降っていないので結局竜星群にやられます;; このポケモンは昔ダブルで使っていたのですが今すぐにでも努力値を振り直してHAベースに直したいです。Hの実数値が207くらいあれば相当安定して戦えそうな個体です。チョッキかオボンか迷ったのですがオボンにすればメガガルーラの猫だまし+捨て身でも返り討ちにできるので現在はオボンを持たせています。ローブシンは今回逆風だと思ったのですがやはり今回も強かったです。


キリキザン@命の珠
意地っ張りHAS 負けん気
不意打ち・叩き落とす・アイアンヘッド・剣の舞


相手の受けポケモンに出して叩き落としていく戦い方が安定すると思います。ナットレイ対面の場合は無理やり一回舞って叩き落とします。調整や乱数次第でナットレイを一発で持っていくことができるのでこの戦い方は結構安定しました。
このパーティーにはポリ2かクレセリアがいれば結構な頻度で出てくるのでそれらに後出しするので基本的な動きです。耐久は思ったよりはないのでバンギラスみたいな使い方をするとすぐに消耗します。できれば交代読み交代をからめたいです。



このパーティーは攻めて攻めてという感じなのであまり受けだしは得意ではないです。なのでパーティーの消耗が激しく初手を読み間違えたり受け先をおろそかに考えるとあっという間に崩壊します。

今後の展望ですがもともとこのパーティーは過剰晴れパを使用したいと考えて作ったプロトタイプみたいなもんです。
といってもコンセプトがだいぶ外れてしまったのでそろそろ本格的に構築しなければなと思います。

過剰晴れパは正直僕もよくは知らないのですが晴れ下で過剰スカーフボーマンダが苦手な鋼やフェアリーを制圧して最後に逆鱗で全抜きするようなパーティーです。
なのでまず必要なポケモンはメガリザードンYと過剰ボーマンダです。
これに僕はメガガル+クレセリアの並びを入れて別方向から攻撃できるようにしようと思います。

残りの採用予定ポケモンはカゴニンフィアだったりヒードランだったりライコウだったりがいいかなと思います。


以上が僕がORASレートの一番初めの方で使っていたメガボーマンダを主軸にしたパーティーの変遷です。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】ORASラグマンダキザンパーティーの変遷とメガボーマンダ考察など レート1800

ポケモンパーティーメガボーマンダORASレートキリキザンラグラージ

スレッドテーマ : ゲーム ジャンル : ゲーム

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメガチャ結果】20万DL達成記念キャンペーン第二弾ステップアップ召喚+魂の欠片10連チケット

BEFORE「【ポケモン】キリキザン育成論・考察 カロスダブル用・負けん気珠意地っ張り型

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top