とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 03/06

【ポケモン】レート1950に到達したラティアス&メガクチート軸パーティー紹介

スポンサーリンク

今回はシーズン12でレート1950に到達したラティアスクチート軸パーティーの紹介をしていきたいと思います。 いつもの通り追記部分は赤で。

シーズン12でラティアスクチートを使用していたのですがそのパーティーには過去作のポケモンが何体かいて、もうこのパーティーを組めなくなってしまったのでさらしたいと思います。 最高レート=最終レート=1950 

 パーティー全体はこんな感じです。 

ratelikuti (1) 

 クチートは左上とかいう固定概念を打ち壊した神パですわ。

個別解説


ガブリアス@襷 
i_gaburiasu.gif 
陽気 AS 鮫肌
 地震・岩石封じ・逆鱗・ステルスロック 
パーティーのガブリアス枠。 スカーフとかハチマキとか試したんですが個人的にはこの型が一番しっくりきます。 パーティーにしっくりくるというか僕がこのタスキステロガブリアスが一番使いやすいと感じているので結局いつもこのタイプのガブリアスを使っています。 へラクロスを選出するときは結構同時に選出したりします。 ファイアローがこのパーティーに対してよく選出されるのでステロを撒きたくなる場面が多いです。 
 

メガへラクロス@メガ石 
i_herakurosu.gif
意地っ張り AS 根性→スキルリンク 
種マシンガン・ロックブラスト・ミサイル針・剣の舞 
パーティーのメインがクチートなのでその補助的なメガ枠です。 特に相手が受けループやらオニゴリストの場合は選出したくなります。 受けループの場合は相手は基本的にグライオン先発からの守るをしてくるのでこちらもへラクロスを先発で出して守る対面具で剣の舞を積みます。この流れまではうまくいくのですがハサミギロチンを速攻で当てられたり、搭載率がそこまで高くないはずのツバメ返しをされたりと思うように戦えなかった印象です…。 
今思えば、パーティー全体が受けループや物理受けポケモンにまあまあ強かったのでこの枠は選出誘導も兼ねてメガガルーラでもよかった気がします。

 
スイクン@オボンの実
i_suikun.gif
 のんき HCS プレッシャー
 熱湯・れいとうビーム・神速・絶対零度
零度スイクンデビューできただけでS12は満足でした。 絶対零度を使った感想は思ったよりも確率通りに当たるというものです。 有利対面を作って交代読みをうまく使い、試行回数を稼げば零度も当たりやすくなると思いました。 対面で強いポケモンなので特攻にかなり振って攻撃2回+神速で倒せる範囲を広げました。実際にこのおかげで様々なポケモンの身代わりを倒せました。

 
ファイアロー@青空プレート
ファイアロー2
 意地っ張り HA 疾風の翼 
ブレイブバード・鬼火・剣の舞・羽休め 
個人的にかなり気に入ったファイアローの型です。
隙あらば舞っていき、全抜きを狙っていきます。 このパーティーにはマンムーが出てきやすいのですが大抵のマンムーに鬼火を打って起点にすることができます。 たまに平均素早さが高いパーティーがあるのですがそのようなパーティーにかなり強気に出ることができます。

 
メガクチート@メガ石 
i_kuchiito.gif
意地っ張り HAS 威嚇→力持ち 
じゃれ付く・叩き落とす・不意打ち・剣の舞 
パーティーの攻撃の要です。
先発の読みさえ間違わなければ一対一以上の戦いができる印象です。 不意打ちは真っ先に読まれる技なのであえて読まれる読みで叩き落とすを打ったりします。 このポケモンは前のシーズンにおいてメインロムで使っていたのですが、その時は剣の舞の強さに気付けていませんでした。 メガクチートの剣の舞は不意打ちとの相性もよく、耐久型も起点にできたりするのでかなり強いと思いました。 ただ、このポケモンというかパーティー全体の問題なのですが対メガクチートが本当にきつかったです。

 
ラティアス@ゴツゴツメット 
i_rathiasu.gif
臆病 HBS 浮遊 
竜星群・波乗り・電磁波・癒しの願い 
クチートの相棒です。
半減できるタイプの多さから繰り出し性能が高く、ゴツゴツメットとの相性が良かったです。この枠は前にクレセリアだったのですがクレセリアと比べて大抵のポケモンの上から電磁波を打てるのでクチートのサポートがしやすかったです。この素早さのおかげでガルーラに対しては思ったよりも強く出ることができました。反面、回復技がないのであまり長居はできないポケモンです。 波乗りを採用している理由は両メガ進化に強いヒードランにパーティー全体を厚くしたかったからです。


選出パターン


クチート(先発)+ラティアス+ファイアローorスイクン 
基本選出。
一番多かった選出パターンで特にラティアスクチートスイクンはこのパーティーの始まりの軸でした。 特にグッドスタッフ的なパーティーに強かった印象です。 クチートで初手の相手を倒してラティアスに戻して全快→相手の2体目を倒して3体目をクチートとスイクンで倒すという戦い方を意識します。

へラクロス(先発)+スイクン+ファイアロー 
対受けループの選出です。
初手にはグライオンがほぼ確実に出てくるので対面後舞います。個人的にはグライオンはHB極振りが助かるのですが最近のグライオンはどうやら素早さにある程度振っているようでギロチンには特に注意が必要でした。 後はグライオンが倒された後でも無理やり特殊受けを突破できる零度スイクン、舞って鬼火してとにかく突破することを考えるファイアローを選出します。

ガブリアス(先発)+クチート+何か
相手にリザードンがいて確実にリザードンに勝っておきたいと思った場合にする選出です。 相手の炎タイプは僕のパーティーの場合は初手に出てきやすく、タスキガブリアスの炎耐性はかなり信頼できるので対面後、ステルスロックを撒ける余裕があります また、対クチート軸のパーティーにもこのような選出をします。


主な選出は以上です。 ちなみに過去作産のポケモンはスイクン、ラティアスなんですがこのポケモンが使えなくなってしまったのでこのパーティーは解散です。
ラティアスは個体値の低さに目をつむればORAS産を使えなくもないのですがスイクンの枠がきついです。 

またラティアスクチートを使いたいとは思っているのでうまくORAS産のみのポケモンで構築できるパーティーを少しずつ考えたいと思います。

パーティーに剣の舞を積むことができるポケモンが3体いて、突破力がかなりあるパーティーでした。 自分にもう少し選出を読める力があればレート2000には到達できたとどうしても思ってしまいます。。。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】レート1950に到達したラティアス&メガクチート軸パーティー紹介

ポケモンパーティーラティアスクチートメガクチート

スレッドテーマ : ゲーム ジャンル : ゲーム

(0)TB(-)

AFTER「【ポケモン】ローブシン育成論・考察まとめ バンギローブ想定チョッキ型・ゴツメ物理耐久型

BEFORE「【ポケモン】ラティアス育成論・考察まとめ ゴツメ癒しの願い型(ゴツメラティアス)・不意打ち搭載型

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top