とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 03/06

【ポケモン】メガルカリオ育成論・考察 XYカロスダブル用物理型

スポンサーリンク

今回の移行記事はメガルカリオについてです。
いつものことながら移行後の追記は赤字で書いていきます。
自分はシングルでメガルカリオを使うことはあまりなく、ダブルでよく使っていました。
ただ、自分がダブルをよっていたのはカロスダブルがあった時なので記事も当時の風潮を汲んでいます。

megaruka.png

まずはダブルバトル用の型を書く前にXYレート黎明期のメガルカリオを軸としたシングルの考察だけ少し残しておきます。

今のXYの環境の戦略は交代戦が重視されると思います。
僕もちょっとバンギムドーメガバナ中心のパーティーを使い始めたらレートがすぐに1700後半まで盛り返しました。

そんな中、僕は両刀ポケモンに注目しています。
理由は当たり前ですが相手の受け対策です。

両刀ポケモンの中で特に強そうなのはメガルカリオ。
学祭の時に大学のOBの方と対戦しましたがメインパーティーがメガルカリオに3縦されてその強さを実感しました。
というわけで今の環境に刺さっていそうなメガルカリオを考察していきます。


性格:無邪気
両刀の代名詞ともいえる性格ですね。先制技が物理に多いので防御に下降補正かけるのはあまりいい気がしません。

努力値:CS252 残りA

持ち物:ルカリオナイト
当然ですね。

技構成
①インファイト:メインの仮想敵はバンギラスとハピナスです。適応力補正あり。
②ラスターカノン:現環境だと撃ちやすい場面が多いと思います。適応力補正あり。
③シャドーボール:最近見るヤドランに強いですね。
④バレットパンチ:神速よりもフェアリーに対する打点と適応力補正を期待してこちらにします。

こいつを今の環境で邪魔してくるのはガブリアスとファイアローがメインだと思いますのでガブリアスにはエアームド、ファイアローにはバンギラスのステロをうまく入れていきたいです。
弱点はかぶっているような気がしますが意外とバンギムドーと相性がいい気がするポケモンです。

あとちょっと気になったことがあって第五世代のPGLに潜ってみたところレートの総合順位がずいぶん前から変わっていません。もうみんな第六世代にきてしまったんでしょうね。対戦はさらに加速するのでしょう。



ここからはカロスダブル用のルカリオの育成論紹介です。

物理最速型


性格:陽気 
ガルーラ、ガブリアスに対して確実に先制したいので。

努力値:B4 A252 S252
基本的には守りを考えずに上からどんどん殴っていくポケモンだと思うのでこの振り方です。

持ち物:ルカリオナイト
メガ進化前提なので。

特性
メガ進化前:精神力
メガ進化ターンに猫だましされづらいです。
メガ進化後:適応力
固定。このおかげで等倍相手に数値の2倍の攻撃力分のダメージを与えることができます。

技構成とダメージ計算
①インファイト:主力技。ガルーラやバンギラスに刺さることはもちろんですが等倍でも瀕死クラスのダメージを与えることができます。
耐久無振りガブリアス ダメージ: 156~184 割合: 85.2%~100.5%
H252Wロトム ダメージ: 140~166割合: 89.1%~105.7%

②バレットパンチ:適応力補正がかかる先制技でメガゲンガーのような中耐久のポケモンによく刺さりました。
H無振りメガゲンガー ダメージ: 60~72 割合: 44.4%~53.3%
H252振りメガゲンガー ダメージ: 60~72 割合: 35.9%~43.1%
耐久無振りメガサーナイト ダメージ: 140~168 割合: 97.9%~117.4%

③神速:この枠は正直選択技だと思います。僕はファイアローに強くするために神速を入れました。
耐久無振りファイアロー ダメージ: 66~78 割合: 43.1%~50.9%

④守る:ダブルの有力な技ですしメガ進化ターンに素早さが上昇するので守った後に100族、102族、108族、110族などを抜くことができます。


僕が使っているルカリオは素早さの関係で上から攻撃でき、等倍以上ならとにかくインファイトを打ちまくります。
有利対面ですとたいてい相手のポケモンは引いてくるので序盤は他のポケモンを味方と一緒に集中攻撃するのもありかもしれません。
また、ガブリアスやロトムはインファイトで低乱数確一なのであらかじめ1割ほどダメージを入れていくようなプレイングが大事だと思います。

相性がいいと思われるポケモン

スカーフボーマンダ
このポケモンと組ませることがコンセプトのパーティーを使っているかなのか知りませんがとにかく同時選出の時の制圧力が強かったです。ルカリオの苦手とするガブに圧力をかけて序盤で一気に攻め込みます。


ユキノオー
このポケモンはメタ要素が強いのですがかなりルカリオを動かしやすくしてくれます。雨パに対して強いのはもちろんですがルカリオのインファイトであと少し削りきれなかった相手を礫でとどめを刺したりタスキを霰でつぶしてくれます。
5月のINC時点では最速振りが使いやすく今後カロスダブルで研究したいポケモンの一体です。


サンダー
ルカリオが苦手なファイアローや耐久水タイプに強いのでサンダーはかなり有りなポケモンだと思います。
ただカロス版は入手難易度が若干高いので時間があるときに周回プレイでゲットしたいです。


ルカリオ入りスタンパについて考える
上記の3体に加えてガブリアスを入れていくと序盤はルカリオマンダで暴れまくった後でサンダーとガブリアスによる放電地震の形をとることができかなり攻撃的で安定したダメージを与えられるパーティーになると思います。
残りの一体はファイアローかなんかを入れるとルカリオの先制技+ファイアローのブレバでどんなに早いポケモンでも高火力先制技を2発与えることができるので倒し切れそうですし上のメンバーでは若干つらいモロバレルに対しても強くなれそうです。


おそらくカロスダブルでは最強のメガ進化候補だったと思います。
この後にGSルール用としてファストガードを覚えさせたメガルカリオを育成したのですが当時のGSルールではカイオーガと組んで破壊的な強さを見せてくれました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】メガルカリオ育成論・考察 XYカロスダブル用物理型

ポケモン育成論メガルカリオ考察

スレッドテーマ : ゲーム ジャンル : ゲーム

(0)TB(-)

AFTER「【ポケモン】ラティアス育成論・考察まとめ ゴツメ癒しの願い型(ゴツメラティアス)・不意打ち搭載型

BEFORE「【ポケモン】サザンドラ育成論 スカーフ型

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top