とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 02/09

漫画「あの花」が無料で読める!気になるアニメのコミカライズ版 感想・あらすじ ネタバレ注意

スポンサーリンク

ジャンプ+のキャンペーンを眺めていたらコミック版の「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」が掲載されていたので読んできました。
fc2blog_20180209161550e32.jpg 
ジャンプ+ あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。紹介ページより引用
いつもの新連載とは違っていたのですが読みたかった漫画なので紹介していきます。
というのも自分は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」のアニメを観よう観ようとずっと思っていたのに未だに観ていないです。
コミカライズ版が集英社から出版しているのは知っていたのでその内読もうかなって思っていたらこの度ジャンプ+で掲載される事になりました。
 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の感想・あらすじ ネタバレ注意

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(以下「あの花」)の感想とかを書く前にまずはジャンプ+について先に説明しておきます。
というのも普段のジャンプ+の新連載とかとは違ってあの花の場合はキャンペーンみたいな感じになっていたので。

あの花が無料漫画アプリのジャンプ+に掲載

ジャンプ+のダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
今回掲載されることになった「あの花」はジャンプ+にて掲載されたのですが合計300ページ以上無料となっていました。
この書き方だとそれ以降は読めないかコインを使って読むことになると思うのですがまだ最終的にどうなるのかは確認できません。
コインだったらジャンプ+のオリジナル漫画の1話を読んだりお年玉プレゼントなどでもらえたりするのですが読めない場合(=途中で更新が止まる)はちょっと辛いかも。
ただ、コミックで300ページ以上無料で読めるという事なのでそれまでは楽しく読んでいこうと思います。
fc2blog_20180209161846425.jpg 
ジャンプ+ あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。紹介ページより引用
キャンペーンについては
・毎日1話無料更新
・2月14日まで
という事でした。
なので2月14日までは一応毎日無料で1話ずつ公開されるのでしょう。
記事を書いている時点では2話まで読みました。

あの花のあらすじ

元が有名なアニメなのであらすじを知っている人が多いと思いますが自分は初見だったので一応簡単にあらすじなど。

じんたんと呼ばれる宿見仁太は小学校の時「超平和バスターズ」というグループを作り仲間と楽しく過ごしていました。
ただ、バスターズの一員だっためんまが亡くなったのをきっかけに彼らはバラバラになってしまいます。
その後はじんたんは高校にも出席せず無気力な日々を過ごしていました。
そんな夏の終わりのある日、彼の目の前に死んだはずのめんま(本間芽衣子)が現れます。
彼女はじんたんが見た幻覚か何かだと疑いつつもこれをきっかけに止まっていた時間が少しずつ動き出しました。

始まりが暗いんだけど…

あの花は見ていませんが感動系ってイメージはありました。
でも序盤は暗いです。
ヒロインだと思っていためんまがすでに死んでいたり主人公のじんたんはなんか生きる気力みたいなのを削がれているし、当時の仲間からは邪険に扱われているし…
そんなめんまが現れたことでじんたんは少し行動するようになりましたが当時の仲間(ゆきあつ)から頭がおかしくなったみたいな扱いされるのが特に鬱な展開でした。

じんたんの地底人Tシャツ
展開も気になるんですがじんたんの地底人ってワードがデカデカと記されているTシャツにツッコミたくて仕方なかったです。

安城鳴子のあだ名

かつての超平和バスターズのメンバーだった安城鳴子の小学攻の時が「あなる」ってのは凄い…

めんまの影

じんたにはしっかり見えているめんまですが他の人には見えません。
fc2blog_20180209161627ad5.jpg
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。より引用
なので幻みたいな存在ってことは確かでしょうがそれ以外にもじんたとめんまが一緒にいるシーンでめんまにだけ影が無いような描写もあぁ、、、やっぱりって感じがしました。
このシーンでは確かにめんまは柵から落ちてしまったはずなのにどうやって助かったのかが地味に気になりもします。

ぽっぽとか言う癒し

めんまを探していたじんたんが行きついたのは超平和バスターズの秘密基地でした。
もうあの日から止まっていたはずの秘密基地がきれいになっていて戸惑っていたじんたんの目の前に現れたぽっぽ(久川)という男子。
彼もかつての超平和バスターズの一員ですがぽっぽは他の人達みたいに険悪な雰囲気にはなりませんでした。
陽気でじんたんの行ったことを信じめんまの事をすぐに受け入れてくれます。
状況を見たらじんたんへの他の人達の視線も分かる気がしますがじんたんを主役にして読み進めているのでどうしてもじんたんに感情移入してしまいます。
そんな中でぽっぽが登場してくれたのでとても心強かったです。
見た目は変わったけれども中身が変わっていない感じが凄く癒しでした。

性格や体格だけじゃなくて世界中を旅しているなど行動力もダイナミックでした。

ぽっぽにもめんまが見える?

めんまの願いを叶えるためにノケモンで遊んでいたじんたん達。
fc2blog_201802091618229bd.jpg
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。より引用
結局メンマの願いとは違っていましたがその夜ぽっぽが森の中でめんまらしきモノを見ました。
今まで見えなかっためんまですがぽっぽにも見えるってことはちょっとずつ他の人達にもめんまが見えるようになってくるのかも。

漫画版あの花の感想や無料アプリまとめ

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
というわけでジャンプ+に掲載されたのであの花の漫画を読み進めています。
序盤は鬱っぽい雰囲気で不安でしたがノケモンで遊んでいる姿やそれを眺めているめんま見るとめんまはこういうのが見たかったのかな、って思いました。
でも実際はなんの変化も無かったので違うかも、って思っていたらぽっぽにもめんまが見え出したりします。
fc2blog_20180209161745b48.jpg
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。より引用
あと「変わってしまった」みたいなフレーズが印象的でした。
めんまにとってもやっぱり今の状況は心配だったみたいです。
それに鳴子もそのあたりは気にしていたのが分かったシーンはほっこりしました。

めんまの存在自体謎に包まれていていますがこれから先何が分かってくるのか気になりました。
ぽっぽにもめんまが見え出しましたのでめんま自身かそれを取り巻く人たちに何かしら変化が出てきたのは嬉しいです。
でもこんな感じの展開が続いていって最終的にめんまの願いみたいなのが叶ったら…って考えると、、、

話は変わりますが前に流れ星に願うほど僕らは素直じゃないって漫画を読みました。
アプリ内の感想を眺めていると序盤があの花っぽいって感想がありましたがあの花を読んでその意味が分かりました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画「あの花」が無料で読める!気になるアニメのコミカライズ版 感想・あらすじ ネタバレ注意

漫画感想考察あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。あの花ネタバレ少年ジャンプ+あらすじ無料で読める

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】絶地獄級 幻影兵降臨攻略してきた(属性統一追記あり)

BEFORE「【タガタメ】エイザンとセツナのキャラストーリー攻略とマスターアビリティ習得

Top