とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 12/04

ポプテピピックで意味不明すぎて面白さを見出すコマやセリフとアニメ化に至るまでの竹書房との因縁

スポンサーリンク

少し前にポプテピピックって漫画を読みました。
名前は知らないけれど名言?とかコマなら知っているって人は多いんじゃないかなと思えるポプテピピックで気になるセリフとかコマ、その元ネタについて触れていきたいと思います。
※使用サービス:マンガルー

ポプテピピックとは ポプ子とピピ美がヤバい

ポプテピピックは4コマ漫画同士が独立しているある意味正統派の4コマ漫画です。
内容はぶっ飛んでいるというか意味不明なものがほとんどで感想や考察とかそういう次元じゃなくてあるままの流れを感じる漫画でした。
ただ、クソ漫画の一言で片付けるにはもったいないです。
むしろそんな意味不明な話でもなぜかフフってなってしまう場面もありました。(特に疲れている時)

 
漫画内でも意味不明な流れを逆手に取った話もありました。
意味不明な話が多い
→漫画でもわかってるじゃん
→でもその考察おかしくない?
→そんなツッコミをするのは野暮
→そんなツッコミのツッコミをすること自体にわびさびを感じない
って思うような一種の高度なネタでした。

うん、確かにこの漫画に突っ込むのは野暮ですし、流れやコマを楽しむ漫画だと思っています。
特に特定のコマのインパクトの強さは本当に凄くて印象に残りやすいですし汎用性も高いです。
単行本でごねていたポプテピピックですがとうとうアニメ化するまでに至りました。
メディア展開することでさらにこの漫画の名言が広く知れ渡ると思っています。

そんなポプテピピックで気に入っている話とか小ネタとかコマについて以下でまとめていきます。

ポプテピピックの伝説?のコマ・名言・元ネタとか


いっぱいちゅき

全知全能となったピピ美が急にポプ子に出れた際に出てきた「いっぱいちゅき♡」というセリフ。
この漫画は唐突に謎設定が出てきますがそれを上回るやり取りが目立ちます。
ポプ子が暴走してそれを止めるのがピピ美という訳ではなく二人とも完全に暴走していてツッコミ不在の恐怖どころではない場面が多々ありました。

しっぽマン

しっぽマンを初め使い捨ての意味不明のキャラが多く登場するのもポプテピピックの醍醐味かもしれません。

マイセコー
 
 個人的になぜか気に入ってしまったマイセコーって造語。

ブチ切れるポプ子
「ッダロガケカスゥー」
「ッスケガダラァーア!!」
とすごい剣幕で切れるポプ子。
彼女は本当に謎のタイミングと謎の沸点を持っています。


時計仕掛けの鳩に対しても可愛いってセリフから一転、ムカついて切れてしまいました。
寿命も30分で尽きるって言っていますが多分もう少しかかるんじゃないかな…
ポプ子はひょっとしたらですが可愛いを狙った物に対して激怒しやすいのかも。

今日も一日頑張るぞい

かなり有名なコマの一つかもしれません。
元ネタはNEWGAMEのセリフで「今日も一日頑張るぞい」ってセリフを自分が言いだしたことにしたい様子。
あと隣の「身内からこんな恥知らず」って煽り文が個人的にツボでした。


NEWGAMEは気に入っているようでその後ぞぞい音頭を歌いだします。

包丁の描き方
サイコパスに挟まれるポプ子の図。
マンガによくありがちな間違った包丁の描き方が話題になった時、大川ぶくぶ先生があえてそのまま掲載したって話は流石です。
ポプテピピックに出てくる包丁は料理目的じゃなくてただ単に武器として登場しているだけだから…

先手必勝のしめサバ

ハロウィンでお菓子をもらいに来たポプ子にしめサバを見せつけるピピ美。
二人ともヤバいですがピピ美の方が底知れぬ狂気を感じます。

ユーチューバー罪

ユーチューバーが広く認知されたときの話だと思うのですがユーチューバー罪って単語が登場。
ユーチューバーネタはこの先にもありますがボイパをしながらサングラスをかけて商品紹介したりと本格的です。
これの何が面白いって動画の再生時間が映画1本分くらいあるところでした。

あるあるネタ
 
 ちょっと共感してしまうかもって思ったあるあるネタ。
いや、正確にはあるあるネタではないのですが
何々で困っている
→こうすればいいじゃん
→そうすると何々なんだよねー
→こうすればいいじゃん
→でもでもー
みたいな皮肉チックな話題になると話が意味不明ではなくなるかも。
 
前作のキャラ
これ作者の代弁やろ…
前作のキャラはポプテピピックに無いと思うのですがこれもあるあるネタかもしれません。
というか風刺?

ナデナデシテホシイノォ~→フィンガー

基本的にピピ美はポプ子にはおおらかですが「ナデナデシテホシイノォ~」から「モット本気デ~」って要求したら手で爆発を起こしました。
多分力関係はピピ美の方が上なんでしょうね。

びょうきじゃん

「びょうきじゃん」って辛辣なツッコミ。
今までの流れだと洗脳された人のさらに上をいく展開が来てもおかしくないのですが急に冷静にツッコミをし出すピピ美でした。

は?

「は?」ってシーンは多分いろんなところで使われると思いました。
 
抜けた歯を読者プレゼント
 
壮絶な事故に遭いながらも歯が抜けただけで済んだポプ子。
それだけじゃすまないだろ…って話は今更どうでもよくて読者プレゼントって言った瞬間二人がカメラ目線になるってところが気に入っています。

今寝たらマジでやばい

ペットみたいになった布団ですがこれは分かる。
吸い込まれるように眠るポプ子でした。

寄生獣とドラゴンナイト

色んな作品や出来事からネタを吸収するポプテピピックですが寄生獣のミギーみたいなのがトランシーバーになる発想が凄い…
確かに人気バンドっぽくなりました。

ツイッターで物申すマン

個人的に好きな使い捨てキャラのツイッターで物申すマン。
現代ではひょっとしたらかなり頼もしいヒーローになるかもしれません。
でも直接の解決はしてくれないんだよなぁ…

完全に理解した

「あーそーゆーことね 完全に理解した」ってコマもよく見ますがどういう経緯かを知れば理解できなくてなんぼでした。

血の色をごまかせるな

赤い車に試乗するピピ美。
「血の色をごまかせるな」「音もなく殺せるな」みたいなセリフと状況になぜかコマンドーを彷彿させました。

背中の地図

背中にタトゥーがあるからプールに入れないって流れだと思ったらなんか普通に面白いオチだった。

ジェットコースターとピアノ線

ジェットコースター、ピアノ線、首なし…
完全に名探偵コナンの真犯人ですね、、、

正統派?
やってることは相変わらず畜生そのものですが水をかけられた仕返しの話は伏線もしっかりあったりその次の状況が想像出来たりと正統派の4コマでした。

長いお姉ちゃん 短いお姉ちゃん

急に出てきた
ポプ子=長いお姉ちゃん
ピピ美=短いお姉ちゃん
ってあだ名のインパクトが好き。

がっこうぐらし!

相変わらず煽り文が秀逸でした。
がっこうぐらし!の話題からネトゲの話題で終わりだと思ったら「いんぜいぐらし!」って凄いオチが横に!

さてはアンチだなオメー

これも有名そうな「さてはアンチだなオメー」ってセリフ。
汎用性が凄そうです。

都市伝説に屈しない女 メリーさんと口裂け女


都市伝説に出くわしやすいポプ子ですが全くピンチではないです。
メリーさんの電話が来たら切れて対処しましたが意味不明な相手から電話が着たら確かにどこか怒りが湧いてくるかも。
あと口裂け女のアンケートにツイッターを利用するのも凄い…
おまえむっちゃ有名人じゃん!

ヒモノ妹・コピペ妹

ストレートに干物妹うまるちゃんでした。
今までもパロディネタが満載のポプテピピックですがこの話は本当にド直球です。
コピペ妹が急に現れたのは謎ですがそんなこと思っていたら持たないので素直に受け入れることが大事。

竹書房との因縁の対決

因縁ではなく完全に竹書房が被害者なんですけどね…
最初は単行本を出せとごねるポプ子。
まあそんな主張を相手するわけはなくだんまりを決め込んでいますがそしたら看板に指定暴力団と付け加えて「もしもしポリスメン」って電話を掛けます。
この話は全てのコマがネタ要素満載でポリスメンのくだりもちょいちょい掲示板とかで見かけることがありました。
ポプテピピックは単行本化にご執心のようでこれからも竹書房との戦いは続きます。
というか竹書房との戦いが見どころの一つでした。


ポプテピピックが最終回を迎えて暴れ出してしまったポプ子。
最終回なので今まで以上に竹書房に容赦ないのですがピピ美はそんなに気にしていない様子。
あとやっぱり「こんなマンは打ち切ってクリーンな出版社を目指す」って左の煽り文が面白いです。

まあ結局単行本化決まって円満に漫画も進んでいるみたいでした。
ところで印税の話で車が買えないって話題になりますがその時ポプ子は仮免って言っています。
サブカルクソ女回でも教習していたのでまさかつながっていたとは…
というかひょっとしたら作者さんがこの時教習所に通っていたのかも、と思いました。


もう完全にポプ子は柵者の黒い部分を一身に引き受けていますね…
最終回を迎えて今までありがとうございましたーって流れじゃなくて必ず戻ってくるって執念が素敵です。流石ラスボス。
地べたを這い泥水をすすってでもまんがライフWINにもどりたがっているのでなんだかんだ言っても愛着があったんでしょう。

蝶を食べる

蝶を食べるポプ子。
ジュリエッタやん…

スイーツとサブカルを憎む?

よくわからないタイミングで切れると思っていたポプ子ですが少しずつ共通点が見えてきます。
下町のレトロな~北欧雑貨のお店という設定に「なんだ…テメェ」って切れたポプ子の相変わらずの理不尽さを楽しんでいますが切れる直前のコマは確かにアレですね…
雷のでかい音で切れたりいたずら電話らしきメリーさんに切れたりとひょっとしたらポプ子は日常で少しでもうわ~って感じることに対して読者の代わりに切れてくれる存在なのではないでしょうか。


そして、サブカルクソ女が乗っていますというステッカーはポプ子にまるで切れてくださいと言っているとさえ思ってしまいます。
あとどうでもいいですがポプ子が教習で乗っている車の助手席にいるのはピピ美なんですよね。
教習所から強奪してきたのかな…

夢の国チキンレース

ミッキーマウスネタを披露するポプ子。
ですが引き笑いネタなんて怖すぎるオリジナル要素もぶちこんできました。

エイサイハラマスコイ踊り

エイサイハラマスコイ踊りを披露したポプ子がピピ美にアドバイスを求めました。
はやらないと言うと悲しんでしまうポプ子を想像して流行るって言うピピ美。
優しい、本当にこの場面は優しいですしポプ子の想像をしていたことを考えると本気で気づ付けたくなかったようです。
流行らないって正直に言うことも優しさなんだよ、って一瞬思いますがそんなツッコミは野暮ってもんでした。

ポプテピピック まとめ

というわけでポプテピピックでした。
意味不明さがツボになる漫画ですが印象に残るのはやっぱり竹書房関連の話かな。
竹書房にとっては完全にとばっちりですが。
最初は単行本化を望んでいましたがとうとうアニメ化するとは…
もしもしポリスメンの脅し…ではなく多分時代が追い付いたのではないでしょうか。


不死鳥と化したポプ子はある意味カッコいい。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

ポプテピピックで意味不明すぎて面白さを見出すコマやセリフとアニメ化に至るまでの竹書房との因縁

ポプテピピック漫画感想考察ポプ子ピピ美ネタバレアニメ化竹書房

(-)TB(-)

AFTER「【ファンキル】アルベルと水着リズベット当ててきた!ヤウラスとミウナって…

BEFORE「漫画「若者の黒魔法離れ」が最新話まで無料!セルリアは可愛くて主人想いで刺激的 感想・あらすじ ネタバレ注意

Top