とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 11/04

【君の名は】あの犬の正体は?&テッシーと瀧の外伝でのやりとり感想

スポンサーリンク

映画「君の名は。」を見ていてずっと気になっていたの存在。

テッシー勅使河原)が「そんなことよりカフェいかね?」って三葉達を誘った自販機の近で登場したあの犬です。
この犬は何かとテッシーの近くにいてちょっと気になる存在ですが気になっていたのは自分だけでは無かったようでそのことを監督である新海誠さんに質問した人がおり、監督がそれについて答えてくれていました。

犬の正体

テッシーの近くにいて彼もその犬をなでたり犬も甘えたりしていて一見彼の飼い犬のように思いました。

これについての監督の見解は
もともとは誰かの飼い犬
今は勅使河原になついているのだと思う
ってことでした。(100Pブックレット)

ということでテッシーの飼い犬ではなさそうです。
誰かのペットというよりは地域犬なんでしょうか。

さほど深い意味も無いらしいですし正体はパッとしませんでした。

ただ、犬に自分の本音をこっそり打ち明けたりしていたかもしれないとも語っていました。
テッシーは何かと自分の思っていることを閉じ込めてしまうキャラに思えるのですがそういったあまり人には言わないことを語れる存在だったのかもしれないとちょっと思いました。

自販機の近くにもいましたが変電所を爆破した後に避難を促す際にテッシーと一緒にいて吠えていたのも印象的です。
テッシーが境内に到着した後に待っていた!と言わんばかりに一緒にいました。
監督もこれについては手伝っているつもりでしょうね、と語っていたので三葉達3人に次ぐ4人目の協力者って印象を受けました。

実際にあの状況は三葉の言葉を信じるしかなく、やっていること自体も何も起こらなかった場合は大変な事態になることです。
後戻りできない恐怖とか孤独(三葉と別れた後は一人で避難を促していたので)を少しでも和らげてくれたのかもしれないと思いました。

犬種はよくわかりませんがハスキーっぽくも見えますし、柴とか秋田犬にも見えなくも無いです。
あるいはそれらのミックス(雑種)かも。

外伝漫画の瀧と勅使河原

ところで「君の名は。」外伝漫画が無料で読める!「Another Side:Earthbound」感想 映画と比較してみて ネタバレ注意の記事でも書いた君の名は。の外伝漫画で勅使河原回があったのでその感想を。

彼も彼で糸守町では居心地にくい場面もあると思いますが外に出たいなどとは言っていませんでした。
ただ、それは自分の気持ちをどこかで押しとどめていたりしたのかなぁとも思ってしまいます。

外伝漫画はそんなテッシーと三葉と入れ替わった瀧とのやり取りが描かれていました。

体は三葉ではありますが中身は瀧で、映画ではほとんど見れなかった貴重なテッシーと瀧のやりとりの感想を少しまとめます。

自分の未来
テッシーは自分の行きつく先が父親の家業を継ぐことだと知っていました。
それについては進学とか将来について諦めの気持ちもあります。
こういったテッシーの心情が分かるのも外伝の良いところでした。

テッシーと瀧のやりとり
ウオズミの兄ちゃんのおかげで一時的に抜け出せたテッシーは湖の近くでスケッチをしていた三葉に出会います。
まあ、その中身は瀧なんですが。
スケッチの趣味について驚くところを見ると映画で美術の時間に机を蹴ったシーンよりは前の場面でしょうか。

この時はテッシーのことを御曹司だと思ったりとまだまだ入れ替わって日が浅かったのかもしれません。

御曹司と言うと聞こえはいいですが彼自身その実はいろいろなものに追いまわされて逃げ道が無いことを自覚していました。

fc2blog_20171104162319f54.jpg 
君の名は。外伝「Another Side:Earthbound」より引用

そんなテッシーに瀧(三葉)はたまには息抜きするのも必要じゃねぇの?って言って少し吹っ切れたって内容が描かれています。
テッシーも三葉も映画で感じるよりもずっと大きな重圧があったんだなぁと思いました。
しかもあの三人組もいますし。
そして入れ替わりがあったおかげで糸森の住民を救ったこと以外にも小さな救いもあったのかもしれないです。少なくとも漫画ではテッシーと三葉にとっては少しの開放感が与えられた気がしました。

犬とテッシーまとめ

というわけで君の名は。で気になった犬についてでした。

あの犬は結局テッシーの飼い犬ではなかったのですが彼が何かと重圧がある暮らしの中でそばにいたり、町がピンチになるときも手伝ったりしていました。

なので彼にとっては心強い味方の一人だったのでしょう。

映画では三葉のことを気にかけたり、彼女の作戦を信じて決行したりと誰かのために動いているって印象も受ける所謂「良い奴」ってキャラです。
ただ、心の中では我慢することが多かったようですね。特に町と自分の家業関連のことで。
最終的に東京に行ったのであの隕石である意味他の住民以上に大きく彼の人生は変わったんだと思いました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【君の名は】あの犬の正体は?&テッシーと瀧の外伝でのやりとり感想

君の名は。映画テッシー勅使河原犬種

(-)TB(-)

AFTER「ヤバいが大事?「ヒット作のツメアカください!」感想 尾田栄一郎先生と天望良一先生のインタビュー漫画が面白かった 

BEFORE「【タガタメ】フラメルのキャラスキン・カムバック100連ガチャ引いてきた・レイニージョブマ

Top