とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 10/23

なぜ高木さんは可愛すぎるのか アニメ化前に備忘録 感想・ネタバレ注意

スポンサーリンク

先週はからかい上手の高木さんを読み終わって6巻まで感想を書きました。
今回の記事は今までの巻の感想の総括に近いのです。
そして、やっぱり一貫して高木さん可愛い!ってなりアニメも始まることなのでその内容とかも盛り込んだ備忘録をまとめていきます。
内容としてはなんで可愛いんだろうってものです。

ネタバレもありますので注意をお願いします。

からかい上手の高木さんは可愛いについて

高木さんは言動とか表情が凄く可愛かったです。
その表情というのは守ってあげたくなるヒロインタイプのそれとはまったく違った方向でした。
むしろ彼女が西片をリードしているって感じの方が近いかも。
恥ずかしがることはなく基本的に堂々としている高木さん。その逆に萌えを見出す作品はあるにはありますが彼女の萌えポイントはそのような場面ではありませんでした。

1巻は西片との二人のやり取りに対してニヤニヤポイントが高いのに対して巻を進めていくごとに彼女単体のシーンでも可愛い姿が描かれています。
ただ、彼女単体と言ってもそれはどこかしらに西片ありきというのは1巻から変わっていませんでした。

受動性
自分は6巻の感想記事の「高木さん6巻感想 真野&中井カップルから見る高木さん&西片 ネタバレ注意」にて高木さんの可愛い理由の一つは「受動的に異性と接したいという欲求を体現している」みたいなことを書きました。

小学校高学年~中学校あたりまでで少しイキっていたりオラついていたりする男子(西片はそんな風ではありませんが)でも女子にちょっかいをかけられると喜んじゃったりするアレです。
おそらく男子が同じようなちょっかいをかけても同じような反応はしないでしょう。

高木さんの場合はそんな男子にとってうれしい受動的な関りをする理想の女子生徒って考えが6巻を読んでいて思いました。

でもそれだけ?
でも果たしてそれだけでしょうか。
上に書いた内容は多分ある程度は正しいかもしれませんがこれは高木さんの可愛さのほんの一部でしかないのかもしれません。
なので今回はもう少し踏み込んでいこうと思います。

西片は気づいていないけれども読者は気づく高木さんの想いとか

物語において出てきた伏線や内容はどこかで回収されるというのが物語の基本単位でしょう。
からかい上手の高木さんの面白い所は1話完結なのにその基本単位をしっかりと踏襲しています。
ただ、その伏線というのは西片には伝わりにくい所もある一方で読者からしたら毎回のように伝わっていきます。
また、西片にもわかりやすく好意を伝えているシーンもありました。

例えば1話の消しゴムの回。
最初は一方的にいじられていたと思いきや最後に読者にしかわからないどんでん返しが待っていました。話の内容的に西片の名前を消しゴムに書いて両想いになりたいという気持ちが分かります。

fc2blog_20171023042515e9f.jpg
からかい上手の高木さんより引用
↑は西片には伝わらないけれどこちらには伝わりました。

あとは変顔勝負でやっとこっち向いたってシーンも素敵です。
西片を真っ直ぐずっと見ていたんだなぁって思いました。(授業中ですが)

そんな感じの内容がずっとずっと続いていきます。
ただ、そのパターンは毎回違っていて直接西片に好きだって伝えるシーンもあれば遠回しに一緒にいたいって分かる話もあります。
席替えの話とかタロットカードの話とか。
fc2blog_20171023042701cee.jpg
からかい上手の高木さんより引用
↑タロットの回での話の様子。
タロット占いの話題が出てきてその際に高木さんは色々と彼の気持ちを聞き出したり自分のことを話したりしてそこも見ていて楽しいです。
前半場面で西片と一緒に下校したいから考える姿とかキョトンとしてしまうところとかは珍しいですね。こういったやりとりも可愛いです。

ちなみに「好き」って言葉は案外いろんな話で出てくるのですがそのどれもやっぱりにやけてしまう場面なのではないでしょうか。

西片はこの際に高木さんの気持ちについて自分のことを好きなんじゃないのかって思いつつもまさか、そんなわけではない、からかいたいだけだという自問自答をするのですが大抵はその答えが出る前に高木さんの新しい会話が飛び込んでいきます。その結果西片の考えは中断してしまうのですがその余韻がまた良かったです。

まあそんな感じで高木さん可愛い、ニヤニヤするってシーンでは高木さんの西片への一緒にいたい・好きだって気持ちが表れていました。
これについては西片が気づきそうな場面もあれば西片は気づいていないけれども読者は分かるって内容になっています。

高木さんの嬉しそう・満足そうなところ

それと他にも可愛いシーンがあってそれは高木さんの嬉しそうだったり、満足そうだったりするシーンでした。
これはぶっちゃけそんなに多くなくてレアです。
ただ、その分、その話を読めたときの破壊力は素晴らしかったと思いました。

例えば一緒に下校しようって西片が誘う話。
勇気を振り絞って一緒に帰ろうと彼女に伝える際に西片は凄く恥ずかしがっていた反面高木さんは凄くうれしそうでした。
いつもは高木さんから誘っているので満足だったんですね。

あとはメアドを交換したいって西片が言う話とかあのクリティカルの話とか。

素直クール 高木さんの真っ直ぐな気持ち

fc2blog_2017102304263408e.jpg
からかい上手の高木さんより引用

「さっき助けてくれようとしたんでしょ。ありがとね。」ってセリフが特にそうだと思うのですが基本的に彼女って素直なんですよね。属性で言うと素直クールってところでしょうか。
本気で意地悪をしたいとか西片が嫌がるようなことをしたいなどという気持ちはありません。

先ほど書いてきた内容も全て西片への好意が原動力になっていまいた。
西片からしたらからかうためって作中で思ってしまうと思いますがそんなことありませんね。

からかいっていうのは彼女が西片と関わるためにコミュニケーションの一つだと思いました。

そんな真っ直ぐな(おそらく好きだという)気持ちを直接伝えたり、伝えないにしても行動をとったりするところが可愛いなぁって思うシーンの共通点だと思いました。

高木さんが可愛いという事 まとめ

正直まだ自分の中で答えを出しきれていない感がしますがいったんここでまとめ。
もしも、後々思い浮かんだら追記するかも。

という訳で高木さんが可愛い!って思えるのはもちろん彼女の容姿もあるでしょう。
ぶっちゃけ美少女です。
でもそれだけではなくて言動が結局のところ西片が好きだってところに繋がっていてそんなときに見せる彼女のちょっとしたしぐさだったり満足した表情が可愛いかったです。

もっと言うとからかいを口実に西片に好きって伝えている彼女が可愛い!

だってニヤニヤするポイントは高木さんが独りでいるって場合ではありませんし。
西片と一緒にいてそのやりとりの中の楽しそうにしている姿・からかいながらもその内容はどこか彼に自分の想いを伝えたり逆に「好きだ」と言ったりして彼の想いを聞きたかったりするシーンがやっぱり素敵でした。
fc2blog_20171023042611491.jpg
からかい上手の高木さんより引用
↑このようなやりとりはちょいちょい見ることができるのですが個人的にはどれも好きでした。
西片はびっくりして理解が追い付いていない反応も面白いです。
高木さんがここぞって時に自分の気持ちを伝えるコマでは大抵一瞬が切り抜かれたような雰囲気です。
そういうシーンの彼女のセリフはどれも見どころがありました。

その場に西片がいなくても彼のことを考えている彼女も可愛いです。

逆に西片のことをからかっていなかったり、他事を考えてしまっている話は寂しいですね。
お母さんと喧嘩した話はそんな彼女を前半に描いていたのでいかに普段の二人がキラキラしていたかを改めて実感しました。

結局のところ何が言いたいかというと西片のことを想っている高木さんの姿や言動が可愛いってことでした。

そして、これについては多分相手が西片じゃないと成り立たないんだなぁってことも何となくわかります。
やっぱりからかわれている彼って面白いんですよ。
からかった際の反応もからかい返そうとする時も、心の中のツッコミも。
個人的には心の声が凄く面白かったです。

それに彼も根本的なところは凄く素直でした。
所謂いい子ってことです。
思春期特有の恥ずかしがる場面ももちろん多いですが結局は高木さんのことを受け入れていますし、普段は高木さんからちょっかいを書けますが先ほどのお母さんとのけんかの際は彼から高木さんの心配をしました。
fc2blog_201710230427319b2.jpg
からかい上手の高木さんより引用
ちなみに恥ずかしかったり照れる発言を自分から言う場合は西片は自分自身から見て左上を向くきます。
大抵は高木さんが右にいるからで直視できないんですよね。
一方で彼女はしっかりと西片の方を向いているって構図が個人的に良いなぁと思う場面でした。
こういった構図はいろいろなところにあります。

これもどこかの感想で書いたことですが作品の登場人物は少なければ少ないほど話の成立が難しくなると聞きます。
当ブログでも感想を書いたメイドインアビスは基本的に2人~3人の冒険なのに内容が凄く面白くてだからこそキャラにも魅力がありました。
からかい上手の高木さんもそうですね。
しかも、この場合は本当に現実チックな世界で話のメインとなる人物は二人だけなのにいつも新しい発見があったり面白さがあったり先ほどから描いているニヤける可愛さが満載でした。
それについてはこの二人が芯の部分で凄く素直でなおかつ相手のことをそれぞれの立場で思っているからではないでしょうか。

これは理屈とかじゃなくて本当に二人の相性がいい二人って感じがします。
だから高木さんが可愛いってなる場面には彼がいないといけないと思いました。
冒頭で書いた受動って内容も結局はこの二人だから当てはまりそうです。
いい意味で高木さんの思惑通りに動いて、それでも彼も一生懸命彼女と向き合っている、そんな彼じゃなければいけないと思いました。

おまけ 最終的な彼ら
まあ、そんなお似合い?な二人ですが最終的には結婚するのでその様子が載っているマンガアプリも紹介しておきます。

fc2blog_20171013234408852.jpg 
マンガワンの作品紹介ページより引用

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

なぜ高木さんは可愛すぎるのか アニメ化前に備忘録 感想・ネタバレ注意

からかい上手の高木さん西片可愛い漫画感想考察ネタバレ

(-)TB(-)

AFTER「「血と灰の女王」感想 マンガワンで無料で読める

BEFORE「「69デナシ」が無料で読めるので読んできた 感想とか ネタバレ注意

Top