とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 10/19

高木さん6巻感想 真野&中井カップルから見る高木さん&西片 ネタバレ注意

スポンサーリンク

からかい上手の高木さん」最新刊の6巻も読み終わりました。
6巻は落ち着いてきたかなって一瞬思ったのですがそんなことはなかった。

ではいつも通り気になった話を中心に感想をまとめていきます。

一部ネタバレがありますので注意をお願いします。

「デート」

タイトルが直球過ぎる。
「デート」の回は今まで二人だけの認識だった二人の関係が他の子達にどう映っているのかはっきりとわかる回でした。
西片が否定したくても回りが勝手に付き合っていると思っているのがね、、、
彼も彼で恥ずかしがっても内心どこかで嬉しがっているように見えなくもないです。

それと高木さんが普通にデートとして楽しんでいると思いたい回でした。

クラスメイトと目が合った際に見てはいけないというか関わらずにさっさと立ち去ろうとした様子が最高でした。邪魔しちゃ悪いなって気遣いが感じられます。

他にも意味深な感情がこもっていそうですが笑

fc2blog_20171019001806195.jpg
からかい上手の高木さん6巻より引用

一応、今回のようにデートや誰かに二人の関係を意識させるような回は今までにもありました。
トンネル肝試しだったりマラソン大会だったりと。
ただ、タイトルにもあるようにこの回はそのあたりが凄く強調されていました。

真野中井カップルのイチャイチャ

ある意味高木さん&西片とは対称的ともいえる真野中井カップル。
高木さんの凄く不思議な人柄となぜか彼女にからかわれる西片ってちょっと特殊な感じがします。
ただ、その特殊故、見ていて面白い。
それにひょっとして高木さんっていうのは近年の受動的になりつつある、それでも女子が気になる男子からしたらある意味理想に近い女子なんじゃないのかな、って思ったりしています。
この辺りはこの記事のタイトルでも触れました。

一方で真野中井はそんな特殊な二人とは対照的な普通?のカップルでした。

プールでの印象が強かった真野中井カップルですが美術の時間でも登場していました。
というか高木さん絵もうまいっすね。
また、美術の回では西片も高木さんの可愛さを意識したようです。でもよく見なくも可愛いんですが…

fc2blog_20171019001839a02.jpg 
からかい上手の高木さん6巻より引用

そして、3話にわたって掲載されたプール回
海に行こうねって以前約束していましたが結局今回はプールでした。


真野中井とダブルデートみたいな感じになったのですが中井は西片と一緒に遊んでしまいます。
真野が「水着くらい褒めてけ!」っていうところが可愛いですね。
おとなしいキャラっぽいですがしっかりと感情をぶつけよう(ぶつけられていない)とするところが良かったです。

それにしても真野のいじけっぷりとか嫉妬?を見るとマジで高木さん人生ループしている感じがしてしまいました。
毎回のことですが落ち着きっぷりが凄いです。

真野と高木さんのやり取りでは互いが互いの本音に感づいた流れが好き。


そして西片と中井も割と正反対でした。
高木さんを意識すると恥ずかしがったり紅潮したり焦る西片ですが中井はそんなことない模様。

また、中井の鈍感と真野を心配する西片は面白かったです。
特に真野の不機嫌モードを察した時の焦りっぷりとか。

っていうか西片の視力ってもしかして凄い⁉

いつもはからかわれてばかりで気づきませんでしたが結構いろいろなことを意識しているんですね。


最後の方で真野中井が一緒にウォータースライダーを滑って「いいなー。」って言っていた高木さんが今回の本音場面っぽいです。

 fc2blog_20171019001902385.jpg
からかい上手の高木さん6巻より引用

西片と一緒に滑るため一勝負しかけますが結局ウォータースライダーの都市伝説を教えてしまって最終的には西片の全力ブレーキによって一緒に滑らず。
一緒に滑ってからネタばらしでもよかったと思いますが彼女はそういう感じで都市伝説通りになっても意味が無いって感じたのでしょうか。

宝探し

「宝探し」の回は謎でした。
いや、一見謎は解けたようですがどうも他にも何か隠されていることがあるような無いような。
このモヤモヤ感は3話のおまけにも似ていました。
最初は高木さんが仕掛けたトラップだと思ったのですがそれも違っていました。

「まさお」と「ゆみ」って名前は今後出てくるかもしれないので覚えておいた方がいいかも。

「キス」ってセリフを言って西片の反応見る静かなからかいもまた良かったです。

お悩み そして感想まとめ

その日の学校にてからかいが無かった珍しい回の「お悩み」。
原因は高木さんの親子喧嘩だったみたいでした。
学校での表情とかはいつも通りなのですが内心傷心しているとからかいできなくなってしまうんですね…
これは意外でした。

からかいが無いと違和感感じる西片もそうだと思いますがやっぱりこの二人のからかいのやりとりが無いと寂しいものです。そんな彼女が少し元気になったきっかけが西片っていうのも個人的に好きな流れでした。

どんな内容で喧嘩してしまったのかも気になりますがせっかく高木さんのお母さんの話題になったのでこの漫画全体で思ったことを。

この「からかい上手の高木さん」ですが個人的に面白いのが凄いなぁと思っているのはメインの登場人物が二人しかいないということです。

もちろん真野中井のようにちょいちょい登場する人物もいますが基本的に高木さんと西片の物語が描かれています。
登場人物が少ないっていうのはその分途中から物語がだんだんとだらけてしてしまう印象だったのですがこの漫画はそんな気配を感じませんでした。
いつも高木さんと西片の新たな一面ややり取りで楽しませてくれます。

先ほども高木さんはある意味理想的な女子って書いたりしましたがやっぱりこれは二人がそれだけ魅力的なキャラということなのかもしれないなぁと改めて思いました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

高木さん6巻感想 真野&中井カップルから見る高木さん&西片 ネタバレ注意

漫画感想考察からかい上手の高木さん6巻ネタバレ真野中井西片

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】武具ワンダークロノスが凄く強い!それとハロウィンラットンゲット

BEFORE「組紐の暗号・奥寺先輩の結婚相手等「君の名は。」に隠された24の裏話・トリビア

Top