とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 10/16

「からかい上手の高木さん」4巻感想 タロットカードの恋占いの破壊力/写真など ネタバレ注意

スポンサーリンク

からかい上手の高木さん4巻を読んだのでいつも通り感想とかまとめます。

ネタバレもありますので注意をお願いします。

キスとタロットカードの占い

順番が掲載順ではないですが先に書いておきたいのでこの話から。
4巻でも高木さんの後々になって考えると嬉しい意味深な彼女の言動は健在でした。
互いにキスをした方が勝ちって勝負を無期限設定したりタロットの占い事だったり。

特にタロットの占いはタロットを通して西片に高木さんの想いを伝えているってのが良いです。
こういうシーンって他の漫画だと読んだりしていくうちに共感羞恥らしきものが働いてあまり直視出来なかったり何度も読み返せないこともあるのですが高木さんはラブコメの波動(この言葉自体羞恥心を紛らわせる効果があると思っています)があってもそういう羞恥心が来ないのが凄いと思いました。
本当にラブコメを楽しく読むことができます。

そんなタロットの占いの話ですが西片が居残り掃除をしていく際にいろいろ理由付けて一緒に帰ろうとする高木さんが尊い。あまり見れない困り顔もここでは見れました。

fc2blog_201710160355482c4.jpg 
からかい上手の高木さん4巻より引用

そんでもってやはりこの話の一番の見どころはタロットの話をし出すところでした。
占いの結果、今の恋はうまくいくってことを伝える高木さん。
これはねぇ、本当に彼女の想い次第では西片のテンションが一気に下がるか上がるかの凄い情報ですがそれをしれっという高木さん。
でもこれは意地悪とかをするわけではなく次の言葉「西片って好きな人いる?」につなげるための布石でした。しかも、2回聞くという徹底っぷり。
我に返って否定するも焦りが見えている西片に対してやはり冷静な高木さん。
でも心の奥底に芽生える期待感が本当に良い!その期待はたぶん当たっている、けれどもぬか喜びしたら後でどうなるのか…って葛藤も僅かながら感じます。

そして、これで終わりじゃないのがタロットカードの恋占いの良いところでした。
西片の恋占いをしてみたということを伝える彼女。
ちなみにタロットカードの恋占いをする際に他の女子もいたはずですがそれでも西片の名前を出したんですねー。やっぱり尊いじゃないか。

これによって一瞬いつもの流れでからかわれたのかと落胆する西片ですが問題はそのあと。
占いの結果、「西片もうまくいく」ということを教えてあげた高木さん。
そして「好きな人、いればよかったのにね。」ってセリフ。
この時の表情がうまく言えないですが絶妙です。

fc2blog_20171016035616d0a.jpg
からかい上手の高木さん4巻より引用

西片自身もうすうす気づき始めていた自分自身の本心とこのセリフがつながって欲しいと思いました。

そして、最後の最後にさらにネタばらし。
じゃんけんでわざと負けて一緒に残ったことを示唆させてくれました。
所詮は確率に帰結してしまうじゃんけんですがもしも占いの通りだったら、そしてその占いの正しさが高木さんのわざと負けたことで証明されたら・・・っていろいろなことを考えてしまいます。

そんな感じでタロットの話はからかい要素が少ない代わりに西片のテンションの起伏が多い、けれどもそれぞれの内容に高木さんの西片への想いが見て取れました。

「水道」の西片

この話のシーンの一部は表紙にもなっていました。
夏休み中の西片と高木さんの物語で先に彼女を見つけた西片は脅かそうとしますが結局失敗。
からかいこそ失敗してしまいましたが、不意に出現したセミにびっくりしてよろけた高木さんを助けようと咄嗟に動いたのはカッコいいですね。
彼女はよろけてもすぐに態勢を整えて結局西片だけが転んでしまいましたが…

ただ、それくらい反射的に助けようとしたってことは分かりました。

これに対してお礼を言う高木さん。このようなセリフは本当に素直に言うのが彼女の魅力ですね。
高木さんは高木さんで西片と会えて楽しそうです。
そして、このシーンこそ表紙のあの二人だったんですね。

西片の部屋

待望の夏休みネタが多くてうれしい。
そんな夏休みのさ中、一緒に宿題をするために西片の部屋に行った高木さん。
こんなん西片ドキドキですよ。

そんなドキドキもあってか自分のホームだというのに終始彼女にペースを持っていかれっぱなしでした。
でもまた来るねーっていてもらえてよかったね。

それと前の巻も一部そういったシーンがありましたが4巻からは西片の照れ隠し・強がりシーンが増えてこれはこれで面白いです。ただ、強がっていても高木さんのことを拒否したりしないところが彼の良いところだと思いました。

今更ですがこの漫画の面白い所って西片が絵に描いたような、けれども凄く純粋なところがある男子中学生なんですよね。
それに対して西片のことをなんでも手に取るようにわかる高木さん。
けれどもその分かっていることが全て西片と一緒にいること・西片への接触に関わっています。(少なくともこの漫画の中では)
そんな感じでとても不思議で大人びているところもあっていつもそばにいてくれる高木さんと先ほど自分が感じた絵にかいたような男子中学生像の対比、その二人が一緒にいるというのがこの漫画の魅力だと思いました。
からかわれていることすら何かしらの幸福感を感じさせる彼女のスキルも素晴らしいです。

結局何が言いたいかというとそんな二人を見ているのは楽しいということでした。

帰宅のお誘い・ポーカー・メールアドレス

帰宅をするときっていつも高木さんから誘っていたんですね。
「お誘い」の話では自分から誘うことになった西片ですがその恥ずかしさを始めて知ります。
でも高木さんはそれを乗り越えて毎回誘っていたってことが分かるのが最高でした。
でもそれを恥ずかしいって思ってしまうのは西片だからって感じもします。

そんな感じで西片と一緒にいる時間を少しでも多く作っていたんだなぁと思いました。
日直の仕事を手伝うって約束も一緒にいる時間をさらに増やしたいんですね。

スマホを買ったことで家にいても連絡するようになったりと4巻では二人がどんどん親密になっていっている印象でした。

それと、この辺りから周りの男子がどうやって二人を眺めているのかもわかりだしてその辺も面白かったです。

見せないでね。の写真

「写真」の回について。
中盤までは写真に関していつも通りの二人でした。

そして終盤。
高木さんの面白い写真を撮ろうとしたけれども失敗してばっちり決め顔の彼女を撮影した西片。
その写真を他の人に見せないでねっていう高木さんですがその理由は「恥ずかしいから」というものでした。
でもそんな他の人には見せたくない表情を西片にはしっかり見せているのが素敵です。
西片も西片で消そうと思ったその写真を躊躇して消さないのが良いですね。

fc2blog_201710160357071a0.jpg
からかい上手の高木さん4巻より引用

「取引に使えるかも」って自分の中では言っていますがその写真を見た際の西片の表情を見ると消せない理由は別にありそうでした。

からかい上手の高木さん 4巻感想まとめ

というわけでからかい上手の高木さんの4巻でした。
4巻はこれといって強烈な話が無かったように感じたのですが実際にはいろんなところに高木さんのニヤニヤポイントが散りばめられていました。

それとこの巻では余韻を残す話が多くてそのあたりも魅力でした。

スピンオフ
一応毎回紹介しているので。
結婚後のスピンオフ。

【スピンオフ】からかい上手の(元)高木さん感想【無料で読める】

合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

「からかい上手の高木さん」4巻感想 タロットカードの恋占いの破壊力/写真など ネタバレ注意

からかい上手の高木さん4巻漫画感想考察ネタバレ恋占いタロットカード写真水道部屋

(-)TB(-)

AFTER「高木さん5巻感想 水着・クリティカル&今までの怖可愛いホラー場面まとめ ※ネタバレ注意

BEFORE「「君の名は。」外伝漫画が無料で読める!「Another Side:Earthbound」感想 映画と比較してみて ネタバレ注意

Top