とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 09/21

【無料で読める】亜獣譚(あじゅうたん)の衝撃が色々と凄い カッコいい戦闘、不気味な怪物、そしてヤバい連中 ネタバレ注意

スポンサーリンク

前から気になっていた江野スミ先生の亜獣譚あじゅうたん)って漫画を読み進めたので感想とかまとめます。
ネタバレがありますのでそのあたりも注意をお願いします。

例によって無料漫画アプリで読んでいるのでその無料アプリも紹介。

アプリのダウンロードはこちら

↑ダウンロードページへのテキスト・バーナーリンク↑
iOS/Androidの両方に対応

マンガワンでの亜獣譚の説明は
愛と獣のハードアクション
ってなっていまして確かにそれらの要素はありますがちょっとドロドロした印象を持ってしまいますね。
実際に最初の方は主人公の男がガツガツとソウという女性に迫って何やっとんねん…って思ったりしたのですが読み進めていくとアクション映画を見ているような漫画って印象に変わりました。

というわけで20話辺りまで読んだので思ったこととかまとめていきたいと思います。


主人公がいきなり怖い でもそのうちカッコいいシーンも

主人公のアキミア・ツキヒコ
この漫画の世界では害獣という大きな人に危害をなすモンスターが生息していてそれらを退治する駆除兵って職業に着いています。
そんなアキミアは公務故、駆除対象やらそれを阻止する人物は容赦なく命を奪っていくのでした。
もちろんそれが仕事ですしやっていることは真っ当なものですが顔というか表情がいちいち怖い。
(後々彼のこの怖さも無実の人間を護るため故というのが分かりますが)
行き過ぎた執念を感じました。

fc2blog_2017092101023603a.jpg 
亜獣譚より引用

そして、害獣をかばった人物の姉であるソウには弟(チル)と引き換えに結婚するように迫ります。
まあ迫るというか半分脅しですが。

さらにアキミアには後述するヴィエドゴニャという秘密があってソウには害獣病が感染してしまいました。
それ故、アキミアから言って逃げきれない→森から出ても確実に結婚なんて展開になります。
自身の素性を告白するシーンとか自分に同情して欲しいと頼むシーンとか、血を飲ませる場面とかはこの人ヤバい…って感じがしました笑
まあなんだかんだ言ってソウもまんざらでもない様子でしたが。
特にちょい足しのアキミアを犬にするところとかあっこんなキャラだったのか…ってなります。

そんなアキミアは上司など仲間にも話す内容とかは信用されていませんが実績が評価されているあたり駆除兵は実力主義な集団なんだと思いました。

亜獣譚の登場人物はちょいちょいゲスい人物が出てきてまあアキミアもそんな感じっぽいなぁと思っていたのですが読み進めていくとカッコいいシーンも。(特に20話)

チルを追いつめていたハラセ、この人もまあろくでもない人物でした。
ただ、そんなハラセの蛮行を暴いて討ち取った時はカッコいい。
さらにチルを逃がした一連の流れも渋かったです。というか思い切った上、チルにとって本当に救いになるセリフを言ったなぁという感じでした。

害獣のビジュアルと設定がハマった

世界観の最重要な生物として害獣というものが存在します。
害獣は元は人間とのこと。
害獣病に感染することで害獣になってしまいます。
そして、所謂半分化け物的な存在としてヴィエドゴニャなる人物がいました。
主人公のアキミアもそのヴィエドゴニャで彼らの正体は害獣耐性を持つ妊婦から産まれた人物でした。
ヴィエドゴニャは生きている間は害獣にならず、命を落とした後だったり切断した体の部位から害獣になっていきます。

一方で害獣に耐性を持っていない妊婦から生まれた赤ちゃんは害獣として誕生します。
アキミアが序盤でそのような赤ちゃんの命を容赦なく奪っていたシーンはなんだかんだ言って衝撃を受けました。

ヴィエドゴニャ故、様々苦悩に悩まされたり逆にその力の恩恵にあずかったりと彼らは彼らで人間社会に生きているので複雑なようです。
害獣化したヴィエドゴニャの処理の方法とか妙に詳しくてこの辺りも害獣の生命力とか危険性を感じました。というかヴィエドゴニャから害獣になった方が強そうですね。


まあこの辺りは実際に読んだほうがどういう展開になっているのかわかりやすいと思いました。

そして、その害獣ですが確かに獣っぽい感じはします。ただ、それだけじゃなくて悪魔のような印象を受けるビジュアルが良かったです。

fc2blog_201709210103330b4.jpg 
亜獣譚より引用

迫ってくるのが怖いですし元は人間と言っても一部を除いて感情は無く本能のまま襲ってくるのが本当にハラハラします。

もう一人の主人公 チル

アキミアが本作の主人公だとは思うのですがソウの弟でヴィエドゴニャのチルも主人公でしょう。
表紙というか説明ページに出ている人物です。

彼はその境遇とか心優しく繊細な性格でおそらく正義感も強いのでしょう。それゆえ、不幸な場面が多く映し出されていましたし攻撃的になることも少々。

fc2blog_20170921010405c69.jpg 
亜獣譚より引用

彼は害獣と生きる道を選びますがひょっとしたらチルにとってはそちらの方が幸せなのかもしれないです。
友達のドラゴンの様な害獣と一緒に飛び立つシーンは序盤の漫画の雰囲気とは全く違った爽やかで力強さがありました。

戦闘シーン

タイトルにはカッコいい戦闘、なんて書きましたが読んだ範囲内ではそこまで害獣との戦闘シーンは無かったかな。
どちらかというと人間vs人間(ヴィエドゴニャ含む)の方が多いです。
ただ、その戦闘がスピーディーでも見易くて凄く印象に残りました。特にアキミアのワイヤーアクション。
ひょっとしたらこのまま害獣とのガチ戦闘路線は少ないかもしれませんがもしもあるならぜひ見てみたいです。

亜獣譚(あじゅうたん) 感想まとめ できれば一気に読みたい

というわけで亜獣譚を読んでざっと感想をまとめてみました。
設定とか世界観から戦いがメインな作品と思いきやもちろんそれもありますがそれぞれの人物の信念とか葛藤とか思考など心理描写が多いです。
このような場面を楽しむには短い期間でできるだけ読んだほうがいいかもしれないと思いました。

冒頭でも紹介しましたが掲載アプリはマンガワンという小学館の漫画アプリです。
亜獣譚はそれのオリジナル漫画。

アプリのダウンロードはこちら

↑ダウンロードページへのテキスト・バーナーリンク↑
iOS/Androidの両方に対応

仕様上、1日4話×2で8話読むことができます。
なので今のところ(記事投稿時)は読み進めるのにそんなに日数はかからないと思いました。

※どの漫画にも言えることですが掲載が終了している場合があります
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【無料で読める】亜獣譚(あじゅうたん)の衝撃が色々と凄い カッコいい戦闘、不気味な怪物、そしてヤバい連中 ネタバレ注意

漫画感想考察亜獣譚マンガワンネタバレ

(0)TB(-)

AFTER「「猛禽ちゃん」読み終わり 切なくて温かい隠れた名作ラブコメだったわ ネタバレ注意【無料で読める】

BEFORE「ひぐらしのなく頃に 昼壊し編感想 恋に一直線の竜宮レナの展開が楽しすぎる!【無料で読める】

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top