とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 07/25

結婚前より愛が重い?「からかい上手の(元)高木さん」感想と本編5巻の冒頭考察 ネタバレ注意【無料のスピンオフ】

スポンサーリンク

からかい上手の高木さんは昔読んだっきりで最近はどういう展開になっているのか追えていないのですがそのあたりはまた今度ということで

全巻kindleで購入しました。
読み進めていたところ5巻にこのスピンオフに通じる話「想い出」が載っていたので一緒に考察していこうと思います。

アニメ化も決まっていて本編の内容も気になったりする「からかい上手の高木さん」ですがそのスピンオフからかい上手の(元)高木さんが連載されていたので読んできました。
ちょっとだけネタバレあるので注意。

からかい上手の(元)高木さん 無料アプリなど

fc2blog_201707252256144d8.jpg
マンガワンの紹介ページより引用
からかい上手の(元)高木さんが連載されているのは

無料漫画アプリのマンガワン
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応

というアプリです。

このブログでもたびたび登場するマンガワンですがこの記事を書いた時点ではまだ始まったばかりなのでこれから話がどんどん増えていくでしょう。

小学館の漫画が多数掲載されているこのマンガワンに高木さんのスピンオフも登場しました。

作者は稲葉光史先生で本家の山本崇一朗先生とは別の方が描いていますが似ている…はず。
本家を読んだのは前のことだったのでうろ覚えですが高木さんの雰囲気とかもしっかり出ている気がしました。


主人公は元高木さん…
ではなくおそらく娘のちーちゃんかな。

彼女の行動が中心ですがそれを元高木さんが温かくも高木さんらしく見守っている感じでした。


これだけは言わせて

とりあえずこのからかい上手の(元)高木さんを読んだ感想で真っ先に思ってのは
「(結局あんたら結婚したんかっ!!!!)」
ってことでした。

まあ「(元)」ですからね。今の苗字は「西片」です。

どんな経緯があったのかとか非常に気になりますが結婚までの流れは想像にお任せってパターンな気がします。
今回に限ってはその方が面白そうですが。

西片君が(元)高木さんに巧く言わされたのかなぁ。

基本的には娘のちーちゃんと元高木さんのやりとりだった

漫画の内容としては娘のちーちゃんと元高木さんのやり取りがメインでした。
というか2話時点では西片くんは名前や父親としては話に出てきますがまだその姿を見せていないです。

アプリ内の紹介ページでも顔がうまく隠されてしまう始末。

元高木さんとちーちゃんの話を通してこの漫画内の西片君がどんな感じなのかを見ていくのが一種の楽しみなのかも。


そして元高木さんはお母さんになってからかうことはやめた…と思いきやなんだかんだ言ってちーちゃんには気づかないようにからかっているような…

でも意地悪とか恥ずかしがらせるとかそんなつもりじゃなくて何かを教えるためとか気づかせるための言動なのでからかいとはちょっと違うかなぁ。からかいだとしてもマイルドになったというよりも昔の西片君にしていたそれとは別な印象でした。

一方でちーちゃんは完全に元高木さんの手のひらの上かも。
でも性格は凄く素直な感じです。


そして継承されるでこというか髪形

本編5巻冒頭「想い出」と「からかい上手の元高木さん」

ここまではかつて本編を読まずにスピンオフのみを読んだ感想でした。
そして、先日本編も読み進めていて5巻冒頭でも同じような内容があったので合わせて感想・考察を書いていきます。

本編5巻は唐突にそして、見るからに大人になったであろう高木さんが登場してびっくりです。
そしてそれと同時に「(あぁ これが「からかい上手の元高木さん」とつながっていたんだなぁ)」と思いました。

それにしても冒頭が意味深すぎますね。
高木さんは懐かしいなぁ、今頃何してんのかな…ってアルバムに映る西片を見ていました。

fc2blog_2017101606425764c.jpg 
からかい上手の高木さん5巻より引用

大人になって昔を懐かしんでいると思いきや娘(ちーちゃん)登場!

えっ、どういう事⁉
結婚してるの!!??
じゃあ懐かしいなぁって見ていた西片は???
というか結婚相手は西片じゃないの???

結婚したのか、西川以外のやつと・・・

などといろいろな疑問や不安が出ていたでしょう。
もしもからかい上手の元高木さんを先に読んでいなかったら。
ただ、先ほども書いたように自分は先にからかい上手の元高木さんを読んでいたのでそのような驚愕はありませんでした。
でもやっぱり少し焦りはしますが…

しかも、何が怖いってこの中(アルバム)からお父さんも探してとちーちゃんに言います。
ってことはスピンオフを知らない場合は当時のクラスに高木さんの結婚相手がいたってことになりますね。
本編でも好きな人はクラスにいるって言っていただけあってこれについては焦燥感が襲ってくる模様。

てか西片じゃなかったらなんだかすごいショックなんですけど…
現実はこんなものか…って落胆してしまいます。


まあ最終的に表札が「西片」の時点で全て察することができましたが。

それにしても意味深な高木さんの言動の数々がこの「想い出」の不安にさせる要素でした。
ちーちゃんの「おとーさんかな。」というセリフに戸惑う高木さんとか本当にびっくりします。

fc2blog_2017101606473221d.jpg
からかい上手の高木さん5巻より引用

西片とは別の結婚相手がいて、それでもかつての西片のことを想っていると錯覚してしう。

てか「西片」って呼ぶなし笑
そして泣かないで。
これが勘違いの原因ですわ。

でも結局表札が西片って事とからかい上手の元高木さんの内容を考えると二人は結婚していることは明白でした。

今頃何してんのかなってすぐ近くに買い物に行っているだけですやん。

じゃあなんであんな意味深な姿を見せていたかというと西片が家にいないその間一緒にいられない、だから寂しいってことかな、と思いました。こうやって考えると辻褄が合います。
少しでも昔の姿を見たりして寂しさを紛らわせていますね、これは。

ってことは本編、つまり中学生の頃よりずっと元高木さんは西片に惚れているじゃないか…(驚愕)

本編でも愛が重く感じなくもない場面はちょいちょい見受けられましたが結婚後の方がその愛の重さは増しているようでした。


からかい上手の(元)高木さんの感想まとめ

というわけでからかい上手の(元)高木さんの感想でした。
感想といっても始まったばかりでまだ2話しか掲載されていないのでざっくりとしたものになりました。

1話完結でページ数もそんなに多くないのでさらっと読める一方でちーちゃんと元高木さんのやり取りは印象に残りやすかったです。

ちーちゃんはお父さんのことも大好きなようですがその西片君は果たして登場してくれるのかもちょっと気になりました。


ところでこのからかい上手の元高木さん及び5巻冒頭を読んでから本編のからかい上手の高木さんにノスタルジーをより感じるようになりました。
本編が夏をテーマにしているのもこのノスタルジーを感じる要因でもあると思いますが結婚後、つまりは未来を描いたシーンを見ることで中学生時代に郷愁が感じるフィルタリングが付いたのかもしれません。
本編の数々の場面はもう戻れない、けれども青春の幕開けを想起させるような甘酸っぱい話がほとんどです。
大人になって結婚した彼らからするとその感覚は徐々に薄れていくかもしれないですがそれと対比できるからこそ、当時特有のキラキラした日常が際立ちます。結婚後もちーちゃんが生まれたりして新しいキラキラした日常を過ごしていると思いますがそれは当時とはまた違ったものでしょう。
多分、この辺りが自分が本編にノスタルジックを見出すようになった要因かもしれないとちょっと思いました。

最後になりますが5巻の冒頭で登場したちーちゃんもからかい上手の元高木さんに登場するちーちゃんもパッと見た感じ見た目は高木さんジュニアです。
でも表情とか性格、そして目のあたりが完全に西片なのが面白かったです。

fc2blog_2017101606470301b.jpg
からかい上手の高木さん5巻より引用

あとピーマン嫌いはスピンオフの伏線にも…

まあそんな感じで本編を後から読んだのですが本編を読んでからの方がやっぱり面白かった!!!
でもこのスピンオフ単体でも十分楽しめます。


冒頭でも紹介しましたがこの漫画が載っている漫画アプリはコレ↓。
アプリのダウンロードはこちら

↑ダウンロードページへのテキスト・バーナーリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが配信期間終了している場合があります
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

結婚前より愛が重い?「からかい上手の(元)高木さん」感想と本編5巻の冒頭考察 ネタバレ注意【無料のスピンオフ】

漫画感想考察からかい上手の元高木さんからかい上手の(元)高木さんスピンオフ無料で読めるネタバレあらすじ

(0)TB(-)

AFTER「「君の名は。」のブルーレイコレクターズエディション届いたったーー!同梱5枚組版のさらっとした感想・レビュー

BEFORE「【けものフレンズコラボ】レポ その5 ライオン、フェネック、サーバルの「ステル」【のんほいパーク】

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top