とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2017 07/12

漫画版「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」感想!レナの可愛さが逆にゾクゾクを加速させる 無料で読めるアプリも 

スポンサーリンク

※この記事では鬼隠し編以降の重要なネタバレも含みます。感想の前にひぐらしのなく頃にシリーズの出題編が掲載されているアプリも紹介しておくのでネタバレが嫌な方はそちらを先ずは読んだほうがいいかもしれません。


ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編を読み終えました。大分前に読んで今から読んでも面白いのかなぁと思っていた当初の不安とは裏腹にひぐらしワールドにすっかり没頭してしまいました笑

今回は鬼隠し編の感想について先の設定なども交えながら感想を書いていこうと思います。

ひぐらしのなく頃に 出題編を読めるスクエニの無料アプリ

漫画版「ひぐらしがなく頃に」出題編全巻が漫画アプリで解放された!無料で読める/ちょっぴりネタバレ
↑こんな記事を前に書きましたが一応ここでも無料アプリについて紹介を。

ひぐらしのなく頃に 出題編」は2017年7月からマンガUP!(←iOS/Android対応のダウンロードページへのテキストリンク)にて掲載され始めました。
このマンガUP!はスクエアエニックスから出されているアプリでコミカライズ版のひぐらしシリーズと同じ出版社ですね。

アプリ内で受け取るポイントで漫画を読むことができる仕様で1日8話まで読むことができます。
ひぐらしのそれぞれの編は巻数で言うところの2~4巻分なので割とすぐに読めてしまうでしょう。

自分がひぐらしが掲載されることを発見した時はまだランキングに入っていなかったのですがこの記事を書いている時には鬼隠しの他に綿流し編も入っていたのでピックアップページだけでなくランキングからもすぐに見つけられる作品だと思います。


ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 感想と各種意味(解説)

ではここからはネタバレ含む感想を。
気になった部分はキャラクターの行動の意味とか解説みたいなのを載せますが解説メインではないということだけご了承ください。

圭一視点からの雛見沢 主に竜宮レナ
出題編が全体的にそうですが圭一視点から物語が展開されます。
また、スポットが当てられるキャラも編ごとに違っていて鬼隠しでは竜宮レナとの関りが深かったです。


最初は和気あいあいとした雰囲気からスタート。
圭一も楽しそうですが富竹との出会いで雛見沢への認識が一変します。

富竹が圭一の雛見沢症候群発症のきっかけでは?と思ってしまいますが実際に「嫌な事件だったね~」という会話がきっかけで彼は雛見沢に少し不信感を抱きます

そして、ここからひぐらしの世界観に突入することになります。

その際に夕暮れ時にレナがゴミ置き場にナタを持って行った時の雰囲気がかなりいい感じ。


fc2blog_20170711225812157.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用
圭一がレナに例の事件について訊こうとしたときのレナの表情も今までの様子と明らかに違っていました。
圭一ははっきりとした拒絶と認識していますがレナからしたら圭一を怖がらせたくなかったのは後々わかります。
そもそも圭一も大石との会話を隠した際にそのような弁明をレナにしていたのですがチェス盤をひっくり返す冷静さを失っていたのでしょう。

魅音も同じような反応をしたのがタイミングが悪いというかなんというか。
圭一が疎外感を感じてしまいそれが自分が余所者であり、次に消されてしまうという誤解に拍車をかけたのかもしれません。

fc2blog_20170711225847103.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用
あのようなレナの拒絶の表情についてはまだ症候群によるフィルターはほとんどなかったと思います。
なので実際にレナがそのような表情をしたはずです。そして空気が止まったような描写は漫画を読む際に良い意味でかなり怖いです。

前後が今までの仲が良い二人の様子を描いている分、唐突に来る怖い描写が際立ちました。


ところで鬼隠しを描いているのは鈴羅木かりん先生ですが中盤からの絵は本当に好きでした。
レナも普段は凄くかわいいのに症候群の視点からの彼女は非常に怖い。
実際には無い狂気さもしっかりと表れていました。

祭りでの綿流し そして富竹
祭りで行われる綿流し、その際に聞いたオヤシロ様の祟りによって圭一の雛見沢への不信感は一気に加速します。
どれもこれも表沙汰にはされていない原因による事故や事件なのですがタイミングが綺麗すぎてオヤシロ様の祟りとして紐づけられてしまったんですよね。

この祭りでは村人が全員一か所に集まります。
なので何か事件を起こそうと思っていた人にとってはアリバイが作りやすかったり、他の目を気にせずに実行できたりと都合がいい日です。

ただ、それが積み重なった結果、都市伝説化(全く都市ではないですが)してしまい、最終的には実体のない錯乱を起こしてしまいました。

今だからこそ自分も内容は分かるのですが当時は本当に村人が一斉に事件に加担している狂った時期だと勘違いしていました笑

fc2blog_20170711230524770.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用
鷹野さんは本当に人が悪いですな~

祭りでは富竹と一緒にいましたがそれは彼の最後の雄姿でもあります。

富竹もさんざんネタにされる人物ですが彼からしたらたまったものではないでしょう。

それと最後のシーンで魅音が「富竹さんと同じ目に遭ってもらう」って言って圭一に注射器を見せます。
実際には注射器でないことが判明するのですがこれについては富竹への罰ゲームを見ればわかりますね。
ただ、あんな描写をされて幻覚なんて初見で見抜けないですよ…

竜宮レナと魅音 沙都子と梨花
オヤシロ様の祟りでの被害者を考えると沙都子と梨花は被害者サイドの人物ということが分かります。
一方、魅音はどちらかというと加害者になりうるかもしれない側にいます。
実際に祟りなんて無いのですが祟りがあると仮定して、というかてっきり初見で祟りがあると思い込んでしまった自分は魅音の立ち位置にも警戒していました。
レナはどちら付かずという様子ですが被害者でないと考えると
・レナ&魅音
・沙都子&梨花
というグループに分けられそうです。

同じ部活内でもグループに分かれてしまうとは…

圭一が寝てる振りをしていた際の魅音とレナの会話も意味深でどうしてもこの二人をセットと考えてしまいました。

結局こんなのはでたらめですし、それなら沙都子と梨花が魅音とレナと仲良くしているわけではないのですが当時はこんなくだらない考察をしていた気がします。

レナのホラー描写 そして実際の素顔
鬼隠しではとりわけレナのホラー描写が多いです。
これは圭一の幻覚もありますがオヤシロ様の話題になると我を忘れがちな彼女の性格が原因です。そしてそれもまた鬼隠しの魅力だと思っています。


fc2blog_20170711230630a81.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用
最初にレナの怖い側面を見た(と思い込んでいる)「嘘だっ!!」ってシーンから彼女が何者かわからない疑念が始まります。

この変わりっぷりは個人的に漫画が一番だと思いました。

レナの目が猫みたいになるのも分かりやすい特徴です。

fc2blog_20170711230658f5b.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用
それで大石との電話の最中のレナも怖いです笑
大石と圭一の関係に不信感を持っているとレナが感じていると思い込んでいる圭一からしたら盗み聞きされたと思ってしまうのも分からないことはないです。

雛見沢症候群に陥ってしまえば疑心暗鬼が強くなるだけでなくゆくゆくはありもしない幻覚まで見えてしまいますし。

これに関しても圭一の部屋に上がろうとしたけれど電話をしていて邪魔するのが悪いから帰った、というのが真相のはずだったのですが…

それとこの際に圭一の父親の描写が出てきます。アニメでは出てこないある意味レアシーンでした。



また、学校を休んだ日に圭一と大石がファミレスで食事をしていたのをレナと魅音が知っていたのも初見だと怖かったです。
圭一は完全に監視されているとばかり思ってしまいました。

あそこに詩音がいるので情報はすぐにでも共有できるのが分かるのですがこれは綿流しを読まないとわからないです。


悟史の転校と圭一の状況を照らし合わせて転校しないように言ったのはレナの本心でしょう。
ここも怖く書かれていますが逃がさないというよりもいなくなって欲しくないというつもりで彼女は言ったはずですがあらゆる言葉が悪い方へ悪い方へ意味を持ってしまいます。


fc2blog_20170711230757583.jpg 
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用

両親がいないという最悪な状況(と思い込んでいる)圭一。
その際にレナは彼の家に行ってご飯を作って一緒に食べようと提案します。

圭一視点→一人でいるところを狙われたら…
レナ視点→両親が今いなくて寂しいよね カップラーメンばっかりだと体に悪いよ いろいろ食べたほうがいいでしょ

のようにこの時はすでにすれ違いが大きくなってしまっていました。
レナも冗談で言ったつもりのずっと圭一の後を付けていたということもあの足音を連想させてしまったのでしょう。
そもそもこの日のことだって圭一の親からレナに伝えられていただけですし。カップ麺についても圭一のお母さんと一緒に買い物をするレナならわかるはずの内容ですがこのことは彼は知りもしません。
なのでストーキングされていると思い込んでしまうのも無理ないですがやはりこれもタイミングが悪いですね・・・冗談で受け流せる余裕がもう無くなっています。

でもレナの事情を考えるとドアに手を挟むシーンは描写のホラーっぽさとは対照的に本当に胸が痛みます。



クライマックス間近のレナがナタを持って圭一に近づくのも怖いですが鞄はどこに?という疑問が浮かびます。
だってレナも下校中ですから。
いつも両手で持っていたカバンが無い…

もうこの時には圭一は自分に危険な方向への幻覚が見えてしまってしょうがない段階でした。


fc2blog_20170711230832c57.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用

そして迎える悲劇の直前。

レナは圭一を固定していますがこれはあくまで部活の一環としていつもやっていることですね。


彼からしたら逃げられなくなったようにしか見えていないですが。


酷いことを急に言われたり両手の指に怪我を負ったレナですがそれでも最後の最後まで圭一のことを心配していたのが本当に悲しいです。



轢きかけたトラックと男達のパンチ
圭一が命を狙われると錯覚した原因の一つがトラックによる意図的な衝突未遂でしょう。
これに関しては治療のためなのですがそんなの圭一には知ったことありませんしあの速度で来たら誰だって命を狙われると思い込んでしまいます。

また、レナから逃げるために走っていた圭一を腹パンした男達も同様でした。

これらは実際に圭一を気絶させるための強硬手段なのですが読者側からしたら本当に村人全員で圭一を追いつめているようにしか見えませんでした。

一方で幻覚や思い込みの中にこのような事実を織り交ぜて何が正しいかわからなくなるのが出題編の見事なところだと思っています。


大石との会話
大石も圭一の味方なのですが結果として彼の疑念を加速させてしまいました。
一応本人も圭一の味方のつもりでしたし、彼なりにこの事件を解決しようとしていたので裏目に出てしまったのは何とも言えません。

それとこの編では大石はかなり人情派になっている分、祟りも信じがちになってしまっているのもと思いました。

鬼隠し編感想まとめ 諦めた世界線とはるか遠くの真相

以上鬼隠し編の感想でした。

結末としては魅音とレナと圭一が命を落としてしまう衝撃的なものです。

また、迷信だと思っていたオヤシロ様またはそれに並ぶ超常現象が雛見沢にあると思わせるラストもイイ!

そして何が起こっているのかを考える楽しさもあります。

ただ、これだけでは真相までは程遠いですね。
出題編だけで真相にたどり着く人は極僅かだとは思いますが…


fc2blog_20170711230859a78.jpg
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編より引用

一方で圭一が敵視していなかった人物の一人である古手梨花。
彼女は鬼隠しから普段と違った様子を見せていました。


圭一とはまた会えるという他の世界線を示唆する発言も出てきます。
ただ、言葉にある希望とは反対に彼女の顔には諦めの表情が浮かんでいました。


それと漫画にも出てくるひぐらし特有の語りの部分。

「何が罪かわかりますか~」は当時は意味が分からなかったのですが凄く印象に残っていた記憶があります。日本語風に発言したらしき人物の名前を読むと「フルデリカ」になるのですがこれはうみねことも関わっくるのが作者らしいと思いました。


という感じで全体的に怖かったり謎が多い鬼隠し編。
もちろんミステリー・ホラーの部分にも魅力があるとは思いますが初見時ではやっぱりレナのギャップとか行動から目が離せませんでした。
タイトルにも書きましたが彼女の存在がまたより一層ゾクゾクする感じを加速されると思っています。

冒頭でも書きましたがこの作品はマンガUP!(←アプリダウンロードページへのリンク)にて掲載されています。他にもスクエニの作品が多数掲載されている無料漫画アプリでした。
※掲載期間が終了している場合があります。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画版「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」感想!レナの可愛さが逆にゾクゾクを加速させる 無料で読めるアプリも 

漫画感想ひぐらしのなく頃にネタバレ考察解説無料で読める鬼隠し編出題編

(0)TB(-)

AFTER「りゅうおうのおしごと!が熱いし面白いし空銀子ちゃんがクーデレ可愛い 漫画版の感想

BEFORE「【漫画RPGとは】ゲームだけど漫画が普通に楽しみな「ジョーカー ギャングロード」をやってみた

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top