とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2017 07/02

登山中のモンスターパニックは嫌すぎる 「モンキーピーク」1巻分感想 ネタバレあり注意

スポンサーリンク

最近、アプリで読んだモンキーピークって漫画でいろいろ思ったことがあったのでまとめていきます。

※自分が読んだのは1巻分でそれ以降はまだ読んでいません。なので2巻以降の内容については触れることができないです。

この先はネタバレがあるので注意をお願いします。

モンスターピークとは 

原作:志名坂高次先生、作画:粂田晃宏先生の作品でジャンルはホラー・ミステリーとのことですがいわゆるモンスターパニック的な漫画でした。

とある会社がレクリエーションで登山をしていたら謎の巨大で凶暴な猿みたいな生物が出現。

そして、そのレクリエーションは惨劇と化す、そんな感じです。

fc2blog_20170702011556c95.jpg

モンキーピークより引用

猿といっても日本猿(ニホンザル)みたいなのじゃなくて上画像のような生物です。
体格はゴリラっぽいのですが顔が大きすぎてゴリラにも見えない。

しかも左手をよく見るとなんか武器を持っている・・・

そう、この化け物猿はどういうわけか出てくる人間をひたすら襲います。
それも生物的な襲撃の仕方ではなくて武器を使ってくるのが人間っぽくて不気味に感じてしまいました。

ちなみにこの猿の初登場はキャンプ地です。いわゆる縦走で行う登山なので夜はキャンプ地で過ごすのですがそこに出現したのです。
主人公がちょっと外に出たら上画像の様な状況でした。そして、何人かはもうすでに・・・


そんな感じでこの山はなんかやばい猿がいる!ってことになりました。

猿の正体?鬼猿岳や矢ノ口落とし

一応この漫画に登場する地名はどれも架空のものみたいです。



モンキーピークで化け物猿が登場したのは岩砕山でした。

そして別名は鬼猿山

(その先ルートはしらび山矢ノ口矢ノ口落とし前岳中岳(山小屋))

鬼の猿が住むといわれていますがまさに先ほどの猿じゃないですかー!

伝承も紹介されていてどうやらここはかつて武将によって命を落とした猿が化けて出るみたいな情報がありました。

それなら人間に恨みを持ってもしょうがないかもしれません。

ただ、この猿のバケモノはどうやら主人公一行を執拗に狙っているようです。

自分も昔ちょっと縦走の登山をしていたから分かるのですがよほどシーズンを外さない(または果てしなくマイナーな山でない)限りはパーティーが1つなんてことはないです。

それなのに主人公達だけ狙われるなんて・・・

というか山小屋が襲撃されないのも結構謎でした。

この辺りは今後、化け物猿の正体の伏線になってくるのかも。

立ち向かう人間たちだが

fc2blog_201707020116375a9.jpg
モンキーピークより引用
行く先々で化け物猿が出現して一人、また一人と仲間が散っていく。

そんな中でついに人間側も戦う意思を示して猿に反撃します。

人類の投擲能力を見せてやれ!って思ったのも一瞬で猿は弓を取り出しました・・・

えぇ・・・これ明らかに猿じゃない・・・

ガチの遠距離武器を出してきてピンチだったのですが一応大きな岩を落としてその場はしのぎました。

ただ、武器まで持ち出すとなると本当に妖怪か何かか人間が化け物の振りをしているのか・・・そんなことを考えてしまいます。

ただでさえ縦走はきついのに・・・

基本的に縦走(山から山へ移動する登山方法)はきついです。

歩く距離が長いということもありますがそれ以上に装備の重さが重く、大抵は20kg近く、あるいはそれ以上の重さの荷物を背負って歩くことになります。

なのにあんな化け物のことを意識しながら歩かなければならないのは地獄ですね、、、

それに水分は無くなりそうになるは睡眠時間も少なくなるわで精神的・体力的なダメージがすさまじそう。

いっそのこと登山ルートを外れて下に降りればいいと考えてしまいたいのですがそんなことしたら遭難する未来しかないのも辛いです。

それと化け物の猿はどういうわけか人間の知恵を持っていて先回って標識を変更して主人公の一行のルートを変えてしまいました。

これによってより苦戦を強いられてしまうのですがそんな知能と準備ができることを考えても猿の正体は人間な気がしてなりませんでした。

主人公の早乙女と気になる人物宮田

fc2blog_20170702011716275.jpg
モンキーピークより引用
主人公の早乙女は事情はよく分かりませんが過去に山で事故に逢いました。
その際に彼は助かったのですがその代わりに犠牲者が出てしまって思うところもあるようです。

そんな暗い過去を持ちながらでも笑顔が大事という遺言通りに困難を切り抜けようとする早乙女のほかに気になる人物も。

宮田という騙されてスーツで来てしまった男性です。

騙されて~と聞くとおっちょこちょいな印象を受けてまいますが普通に頼りになる人物でした。

というかそもそもスーツで登山できる時点で只者ではない気もします。

化け物猿が人間説も否定できなくはなくて誰なんだろーって思っていました。
宮田の場合は猿に攻撃する様子がしっかりと載っていたのである意味安心です。

モンキーピーク 1巻分感想まとめ

というわけでモンキーピークの1巻を読んだ感想でした。

山って開放的に見えて実質陸の孤島なのでそんな中で正体不明のでかい化け物が現れるのは怖いです。

しかも計画性もあるという・・・

登山系の漫画ではありがちなのですが結構山や登山の説明が出てきたりします。

へ~ってなる一方、この漫画の場合は余計に絶望感を増す情報になってしまいました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

登山中のモンスターパニックは嫌すぎる 「モンキーピーク」1巻分感想 ネタバレあり注意

漫画感想考察モンキーピークネタバレあらすじ

(0)TB(-)

AFTER「漫画の「劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!」が配信されたから懐かしさを噛みしめながら読んできた 感想やテレビとの違いなど

BEFORE「【タガタメ】レイニーの専用武具「アスカロン」ゲット&マスアビ使ってきた

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top