とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2017 04/20

手塚治虫のジャンル広すぎません?MW・アドルフに告ぐ・きりひと讃歌・火の鳥他が無料で読めた

スポンサーリンク

存命中から漫画の神様と呼ばれていた手塚治虫先生。
伝説的なクリエイターの手塚治虫ですがこの人の漫画をいくつか読んだのでちょっとそれらについてまとめていこうと思います。

手塚治虫の漫画を無料で マンガワンというアプリ

 
上画像をクリックでマンガワンのダウンロードページへ移行
※漫画によっては配信期間終了している場合があります

今回自分が手塚治虫の漫画を読んだのはマンガワンというアプリを使っての事でした。
このアプリは小学館から出ている漫画アプリで小学館は手塚治虫とも縁が深い出版社なので連載されているのは納得ですがとにかくその作品数が多かったです。
fc2blog_201704200124162f8.jpg
マンガワンのランキングページより引用
こんな具合にマンガワンのランキング上位はもちろん30位以内にかなり手塚治虫作品が食い込んでいました。
全話はまだ掲載されていないのですが今回はその作品の中で自分が読み始めたものを順番にまとめていきます。

暇潰ししたい!、無料で漫画を読みまくりたい!って人向けにまとめてみた!!!

手塚治虫先生の各漫画について 一部ネタバレ・あらすじあり


MW
 fc2blog_20170420012520b58.jpg
マンガワンのMW紹介ページより引用
人気上位だったMWですがなんというか濃いです。
ハードボイルドだと思いきや上画像の二人の関係が、友人以上のものであったりと予想外なものでした。
最初の方だけでは状況がつかめなかったので続きがかなり気になります。

アドルフに告ぐ
fc2blog_20170420012546d3e.jpg
マンガワンのアドルフに告ぐの紹介ページより引用
歴史サスペンス?
名前は聞いたことがあったのですがそんなものかは知らなかったので今回を機に読み始めました。
序盤は主人公らしき人物の弟が何者かに命を狙われてしまいます。
ただ、その弟の記録が無かったり、死体がどこかへ行ってしまったりと奇妙なことが続きました。
背景には大きな存在がいるようで、それがどうやって3人のアドルフにつながるか気になりました。

きりひと讃歌
fc2blog_20170420012614342.jpg
マンガワンのきりひと讃歌より引用
ブラックジャックで奇病について扱われる話がいくつかありますが「きりひと讃歌」はそんな感じの話をもっと掘り進めて言ったような印象を受けました。
ただ、これもまだ連載数が多くないのでどうなるのか今後見ていきたいと思います。
モンモウ病について序盤は医者たちが様々な考察をしていくのですがこの辺りは医学部卒の手塚治虫先生ならではという感じでしょうか。

火の鳥
fc2blog_2017042001265497c.jpg
マンガワンの火の鳥紹介ページより引用
多くの漫画のジャンルを切り開いてきた手塚治虫先生ですが火の鳥のジャンルは「火の鳥」って聞いたことがあります。
この記事を書いているときは黎明期までしか読んでいないのですが日本の国の始まりらへんに火の鳥が関わってきました。
昔、図書館で読んだときはもっと別の惑星みたいなところが舞台だったのでどういう流れでそのようになったのか順を追って読んでいきたいです。

ブラック・ジャック
fc2blog_20170420012718f44.jpg
マンガワンのブラック・ジャック紹介ページより引用
説明不要の医療マンガの金字塔ですね。
ブラックジャックについては単行本を持っているのでいつか個別に面白かった話にいつかついてまとめたいと思います。
医療マンガというよりもヒューマンドラマがメインのブラックジャックですが、どこがどう面白いのか言えない、でもやっぱり面白いって感想が出てきます。しかも、毎回1話完結なのでサクサク読めますし、話のスピード感も好きでした。

鉄腕アトム
fc2blog_20170420012758857.jpg
マンガワンの鉄腕アトム紹介ページより引用
鉄腕アトムは知名度的には手塚治虫作品の中でトップクラスに有名なのではないでしょうか。
日本初の30分連続放送アニメの原作でマンガワンでも連載話数が今のところ一番多かったです。
ちなみに最初は見たことがない少年が出てきてびっくりしましたがその後、ちゃんとアトムは登場します。
2000年代に入ってから製作されたアニメでアトムに初めて触れたのでこの始まり方はびっくりでした。

他にもブッダ三つ目がとおるが連載されていたのでこちらも読んでおきたいです。

ジャンルの広さがヤバい!面白いとか以上の何か

というわけで手塚治虫作品を連載されている内、読んだものを簡単にまとめてみました。

手塚治虫先生は仕事量がとんでもなかったと聞きますがそれは連載されている作品のジャンルを見ても明らかでした。
医療・機械・科学・サスペンス・歴史などなど、本当に様々な題材を扱っていたんだなぁと思いました。

ブラックジャックとかは今見ても本当に面白いのですがこれらの作品はそれ以上に興味が湧きました。

冒頭でも紹介しましたが上画像のマンガワンのアイコンからダウンロードページのリンクに行くことができます。
先ほど紹介した作品とかランキングにあった作品は「配信期間終了している場合があります」ということだけご注意を。

暇潰ししたい!、無料で漫画を読みまくりたい!って人向けにまとめてみた!!!

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

手塚治虫のジャンル広すぎません?MW・アドルフに告ぐ・きりひと讃歌・火の鳥他が無料で読めた

漫画感想考察マンガワン手塚治虫MWアドルフに告ぐきりひと讃歌火の鳥ブラック・ジャック鉄腕アトム

(0)TB(-)

AFTER「煌びやかな閉ざされた世界にて 「ローレンスを救え」感想 ネタバレ・あらすじあり

BEFORE「過去の恋と後悔を引きずった男は…「漂流ネットカフェ」最終話までの感想・考察 無料で読める漫画・ネタバレ

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top