とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 02/03

【デュエリン】破壊竜ガンドラの入手とデッキに入るカードなど

スポンサーリンク

ちょっと前に遊戯王デュエルリンクスのイベントで入手した破壊竜ガンドラについてデッキに入りそうなカードが揃ってきたのでちょっとそのあたりをまとめていきます。

ただ、肝心の破壊竜ガンドラが非常に入手しにくい印象でした。
なのでかなりの希望的観測ですが再びそのイベントは救済措置っぽい感じで開催されると思っています。

破壊竜ガンドラ入手

fc2blog_20170203022124f04.jpg

破壊竜ガンドラは少し前の表遊戯イベントで入手しました。
そのころは何がドロップするのかわからなくてガンドラが出た時は驚きました。
ただ、表遊戯イベントによるガンドラの入手は難しく、どこが難しかった、というかガンドラがドロップしない・入手しにくいと思ったのかを以下にまとめていきます。

表遊戯が普通に強い
表遊戯は魔法カウンタービートダウンの使い手でした。
ターンで平気で攻撃力2500オーバーのモンスターで攻撃して来たりします。
現時点でのデュエルリンクス基準ですが相当完成度が高いデッキでした。
ポイントを稼ぐとかそんな余裕はありませんでした。
自分の場合は海デッキやモンスター破壊効果を使って戦闘以外でアドを稼いでいくという戦法でこの魔法カウンターデッキとは戦いました。

一気に戦えない
デュエルワールドに表遊戯は出てくるのですが一回倒すと少し時間を置かないと出てきませんでした。
なので一気に戦うことができずに一定時間ごとに潜っては1回~2回戦って終わりでした。

レベルが選べない
表遊戯のレベルはランダムです。
レベル40が出ればその分、ガンドラが出やすいのですがレベル10も出てくるのでこの辺りは完全に運でした。


というわけで一定時間に潜ってレベル40の遊戯と出会えればオッケーです。
ただ、レベル40は魔法カウンターの割とガチなデッキなので勝つことが難しく、これ故、ガンドラは入手しにくいと思いました。
ちなみに自分はレベル30の表遊戯からドロップしたのでガンドラ入手はこの辺り含めて完全に運です。

破壊竜ガンドラについて

破壊竜ガンドラを主軸としたデッキを作る場合は破壊竜ガンドラが切り札になるでしょう。
ガンドラの特徴は以下の通りです。

特殊召喚できない→生け贄(アドバンス)召喚

LPを半分払って発動でき/このガンドラ以外のフィールドのカードを全て破壊し除外する
→ガンドラ召喚の目的です。1ターンに対しての使用制限がないので1ターンに何回でも使えますがデュエルリンクスのルールですと1回使えばそれでほぼ終わりでしょう。
除外がとにかく強いと思いました。

ガンドラの攻撃力は、この効果で破壊したカードの数×300アップする
→デュエルリンクスのルールだと攻撃力2000行くかどうかだと思いますがこれはOCGよりも有利かもしれません。
場に出すカードの最大枚数がデュエルリンクスですと12枚、対して初期ライフは4000。
OCGですと場に出すカードの最大枚数は20枚、対して初期ライフは8000なのでこの効果に限っては枚数に対するライフを考えるとガンドラはデュエルリンクスの方が相性が良いです。

ガンドラを召喚・反転召喚したターンのエンドフェイズに発動/ガンドラを墓地へ送る
→ガンドラの一番のネックでしょう。
デュエルリンクスの場合はメインフェイズ2が無いので隙だらけになります。
また、後述しますが召喚と反転召喚では微妙に効果処理が異なってきます。

破壊竜ガンドラデッキに入りそうなカード・必須カード


破壊竜ガンドラのデッキに入りそうなカードを考えていきます。
本来ならば多くの恩恵を受けることができる闇属性・ドラゴン族のガンドラですが今の段階ではそこまで優秀なサポートカードが無い印象を受けました。

ダブルコストン
fc2blog_20170203022149d41.jpg
闇属性モンスターをアドバンス召喚する時に2体分のリリースになるカードでガンドラデッキでは必須カードだと思います。
単体の性能も高いです。
今でこそアンデットは不遇ですが今後伸びそうな種族でもあります。

ブロックマン
fc2blog_201702030222297da.jpg

トークンを出して生贄にすることができるブロックマンも面白いと思いました。
ちょうど表遊戯イベントでドロップしますし。
ただ、フィールド上に維持するのが難しめです。

デスハムスター
fc2blog_20170203022307125.jpg

リクルートによって2体の生け贄が確保しやすいデスハムスター。
壁としても優秀なので上級モンスターのアドバンス召喚を考えるデッキには入ってくると思います。

コストダウン
fc2blog_201702030223340cc.jpg

手札消費が激しいですがこれによってコストダウンによってガンドラは生け贄1体でアドバンス召喚が可能です。

亜空間物質転送装置
fc2blog_201702030223526b3.jpg

特定条件で使用可能な亜空間物質転送装置ですが使う場面は限られていると思います。
Q:召喚したこのカードを《亜空間物質転送装置》で除外しエンドフェイズ時に戻った場合、このカードは墓地へ送られますか?
A:はい、その場合でも墓地へ送られます。(15/04/02)
Q:反転召喚したこのカードを《亜空間物質転送装置》で除外しエンドフェイズ時に戻った場合、このカードは墓地へ送られますか?
A:いいえ、その場合は墓地へ送られません。(15/04/02)
上はwikiよりの引用です。
コンマイ語なのかさえ分からないのですが召喚と反転召喚では亜空間物質転送装置の効果処理が変わってきます。

クリボール
破壊竜ガンドラの効果処理の後に隙ができるのでその際に手札にあれば非常に助かります。

破壊竜ガンドラとデッキまとめ

破壊竜ガンドラデッキは今のところかなり不安定だと思いました。
全体除去効果自体は非常に強いのですがそのあとの隙が大きいです。
出来れば破壊竜ガンドラの効果でフィニッシュにするか、相手が場にカードが多く、手札に少ないタイミングで破壊竜ガンドラを召喚して効果を使っていきたいと思いました。

ただ、ガンドラは非常にカッコいいです。
イラストも魅力がありますしアニメ版遊戯王での丸い部分から破壊の光が出てくる演出とかは凄く印象深いです。
そんなガンドラについては今後相性のいいカードが追加されたり再び表遊戯のイベントが開催されたりすることを密かに願っています。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【デュエリン】破壊竜ガンドラの入手とデッキに入るカードなど

遊戯王デュエルリンクス破壊竜ガンドラ表遊戯デッキ

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】アルバの運用 ドラゴンナイトジョブ・武具・育成・限界突破など

BEFORE「【タガタメ】アスワドの運用 ジョブ・パーティー・限界突破・武具などについて

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top