とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 01/03

ポケモンSM殿堂入り!映画のようなシナリオに歴代最高傑作の評価も納得 冒険はこれからも続く!

スポンサーリンク

ポケットモンスターサン&ムーンで今更ながら殿堂入りをすることができました。
殿堂入りをした感想とかも書いていくのでここからはネタバレ有です。

初代チャンピオンとなった主人公

fc2blog_20170103173326b6c.jpg

主人公は今までのシリーズのようにチャンピオンを倒してチャンピオンになるのではありませんでした。
リーグ自体が主人公の冒険をしているときにできてククイ博士から四天王に挑戦するように言われた主人公。
その四天王を倒してチャンピオンになります。
その後は博士と対戦するのですがこれはチャンピオン防衛線ですね。BGMがオープニングテーマと一緒でした。

イメージとしては主人公の立ち位置は初代のグリーンに近いでしょう。

クリアした時のパーティー

fc2blog_201701031733502a0.jpg

クリアした時のパーティーは
サンダース
ウィンディ
メタグロス
ソルガレオ
ジュナイパー
ギャラドス
です。
四足歩行ばっかりですね(^∇^)

まさかメタグロスとソルガレオのタイプがかぶるとは思いませんでしたが二人とも強かったのであまりタイプ被りは気になりませんでした。

がんばリーリエ!がんばリーリエ!!

fc2blog_20170103173413e2c.jpg

リーリエをすこれ!

fc2blog_2017010317343671d.jpg

リーリエすこすこすこすこ!!

リーリエがサンムーンのもう一人の主人公です。
前にアマゾンでのサンムーンの評価を見た時はリーリエに関しての非難が見られましたが別にそこまで気になる悪い点はなかったです。
なんか後半はリーリエばっかりみたいな意見もありますがエーテル島~ウルトラビーストの世界までしかリーリエは主人公の行動に関わってきません。
それに、そもそも主人公とリーリエの行動の目的とその目的地は近いところにあるので一緒に行動するのも違和感がありませんでした。

おそらく主人公を差し置いてリーリエの成長物語みたいなシナリオを見せられて嫌になったレビュアーが一定数いたと思いますがそんなこと言ったらBWからはずっとそんな人物が出てきます。
(Nとか特に)
ちなみにBWが発売されてから6年経っているのですがこれってれっきとした「昔のポケモン」である「今までのポケモン」です。

BWが発売されてから6年経ったという事実から目をそらすな!!

今回クリアするのに22時間以上かかりましたがリーリエイベントは4時間あるかどうかでした。
そんなリーリエ編を後半とか大部分とか言ってしまうのはちょっとおかしな話だと思います。

あとリーリエの表情の豊かさとかが印象でした。
逆に主人公は肝が据わっているのか表情を変えたところはソルガレオが出たところくらいです。

シナリオは映画みたい 歴代最高傑作!?

今回のシナリオで違和感とか感じたプレイヤーがいたとしたら
・ジムがない
・リーリエ
の2点だと思います。

ただ、ジムがないのは島の性質上なんだかしょうがない気がしますし、そもそも試練とか島キングとかを考えるとジムよりもよっぽど多くのことをする必要があり、個人的にはこっちのボリュームの多さは楽しかったです。

そして、リーリエ。
少し前からポケモン映画を見ていないのですが自分が知っているポケモン映画に出てきそうなキャラがリーリエでした。
凄い親密になった、でも別れてしまう、伝説のポケモンと深く関わる、物語の重大部分を解決するカギを握る、そんな彼女の存在はポケモン映画に出てくるような重要人物って感じがしました。

エンディングでの別れがさらにそんな感じに拍車をかけます。

これは賛否両論かもしれませんが自分はこの展開が好きでした。
ほしぐもちゃんがソルガレオになるときの笛からさらに光が水に伝わる演出とか最高です。

まだ対戦はしていないのでこの記事にSMを追加することはできませんがシナリオだけなら暫定1位です。最初の部分の誘導されている部分は気になりましたがそれは第五世代からの事なのでもう慣れました。演出もシナリオも歴代最高傑作だと感じます。

とにかくボリュームの量とかマップのワクワク感が素晴らしかったです。

そういえばマップについてもダンジョンではないみたいなレビュー意見を見ました。
多分それは初代~第三世代までのことと比べていっているのかも知れませんがあの時の洞窟はただ単にごちゃごちゃしていてやっていた当時はわくわくよりもストレスの方が大きかったです。
そのストレスがダンジョンの難易度という感覚にいつの間にか置き換わってしまったプレイヤーもいたのではないでしょうか。

少なくとも自分は今回のマップのどことどこがどうつながっているのか、立体的な作り、下画面で今自分がどこにいるのかを時には見ながら探っていくという冒険はすごく楽しかったです。

冒険は終わらない これから新しい世界に飛び込む

ポケモンは殿堂入りしてクリアではないです。

まだ、解放されていないマップ。
冒険の途中では行けなかった場所に行けるようになる。
再びいろいろな場所で人に話しかける。
各種イベント(交換、ポケモン探しなど)を最初から見直す。
ポケモンを捕まえる。
育成&オンライン対戦。

この他にも多分やることはたくさん出てくるでしょう。
ポケモンのやりこみ要素はとんでもないので殿堂入りで終わりではなくむしろこれからが本番という感覚さえもあります。

育成と対戦をしたいところですがとりあえずまず最初はもう一度主人公の家からアローラ地方をすみずみまで探検したいと思います。

そのあとはやっぱりレート対戦ですね!

早く第七世代の環境で戦いたいです。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

ポケモンSM殿堂入り!映画のようなシナリオに歴代最高傑作の評価も納得 冒険はこれからも続く!

ポケットモンスターサン&ムーンポケットモンスターポケモンポケモンSM殿堂入り

(0)TB(-)

AFTER「FC2カウンターが100万突破!1年ちょっとブログを続けてみて

BEFORE「【タガタメ】デネブと占星術師が未だによくわからないから考察してみる

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top