とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

「考察」のタグを含む記事の検索結果

メイドインアビスの白笛「オーゼン」能力・考察・活躍まとめ 度し難い!でも最強だった 

漫画メイドインアビスに出てくるキャラクターのオーゼン。ちょっと前にメイドインアビスを一気にまとめて読んだのですがその中でもかなり気になるキャラでもあるオーゼンについて書いていきます。というのも先日メイドインアビスのアニメPVを見て読み返して、熱が冷めないうちにまとめたくなったからです。ネタバレもあるのでそのあたりはご注意を。※この記事に使われているすべての画像は当ブログで使う限り著作権をフリーにして...

【GANMA!】スズノネが面白そう!感想とか考察 無料漫画・ネタバレ  

まだ1話しか配信されていないのですが「スズノネ(作:タカヒロホン)」ってWEB漫画が面白かったのでその感想とか考察っぽいことを書いていきます。(ネタバレ有)スズノネとはスズノネ1話より引用スズノネはWEB漫画アプリの「GANMA!」で連載されているタカヒロホン先生の漫画です。簡単にあらすじを言うと成人式の日に三原コウキ(上画像の左の男性)が現れない→実はその日に何者かによって海に突き落とされていた→それによって...

【ジャンプ+】「雨雲色のレストピア」の感想・考察をひたすらに 続きが気になるけど読切

ジャンプ+で掲載された読切「雨雲色のレストピア」を読んだので出てきた感想とか気になったところとかちょっとまとめてみます。※一部ネタバレ・あらすじあり雨雲色のレストピアの作者 高橋翔太雨雲色のレストピアを描いたのは高橋翔太先生でした。ジャンププラスにも昔、読切で「死神には逆らえない」を描いたした作者さんです。その死神はブリーチに出てくる感じではなくむしろ虚っぽい感じで糸を切ってくるやつです。漫画内で...

漫画「切子」最終話の結末ってどういう意味だったの?考察・感想など ネタバレ・あらすじ

本田真吾先生の「切子」って漫画について。全10話の短編ホラー?の漫画ですが最近読み終えたのでちょっと感想というか考察などを書いていきます。重大なネタバレもあるので読んでいない方は注意。切子のあらすじとある田舎の学校出身のメンバーで同窓会をすることになったのが始まり。同窓生は少なくて6人が集まりました。本来はもう一人同級生がいたのですが残念ながらその人物は命を落としてしまい、今回の同窓会アHその人物の17...

漫画「奴隷区 僕と23人の奴隷」が意外と熱い展開でした 感想・ネタバレ・あらすじ

今回は「奴隷区 僕と23人の奴隷」という漫画を読んだ感想を簡単に。※ネタバレあらすじあり。まだ最初の方しか読んでいないのでとりあえず今回は読んだところまで。SCMという器具奴隷区 僕と23人の奴隷2話より引用このマンガではSCMという器具というか機械が出てきます。これこそが人を服従させるものでタイトルにあるとおり奴隷にさせるアイテムでした。SCMについて・歯の裏に装着して使用・SCMを付けた者同士で勝負(方法は何で...

終極エンゲージを読んだ感想をひたすらに ネタバレあらすじ【ジャンプ+】

ジャンプ+の新連載で終極エンゲージという漫画が登場しました。漫画は三輪ヨシユキ先生、原作は江藤俊司先生。この記事を書いているときは1話だけの配信ですがすごく展開が早い!!いろいろな感想とかが出てきたので思った限り書いていきます。(ネタバレ有)地球女王決定戦ってなんだ?地球人出身の王家が一応主人公。その王家は宇宙の卵というとんでもない加護を代々受け継いでいるようです。そして、全宇宙から一番強い女性を...

「エマージング」とかいうエボラパンデミック漫画を読んだ 感想・ネタバレあらすじ 結末は?

WEBの漫画広告とかでたまに見かけるエマージングって漫画。アプリ(ピッコマ)でその漫画が読めたので気になったのでちょっと読んでいました。アプリの仕様上まだ最後まで見れていませんが途中までの感想とか気になるところとか。ネタバレとかあらすじを含みます。エマージングとは あらすじ・ネタバレ街中にいきなりヤバい人が現れる冒頭でトイレにて目から血を流している男性が一瞬登場。そのあと学園シーンとか出てくるのです...

「奇々怪々」感想 人を呪わった人の末路 無料漫画・ネタバレあらすじ

漫画アプリのXOYで比較的新しく出た「奇々怪々」って漫画を読んだのでその感想とか。(ネタバレ有)このマンガはどうやら一連の話ではありますがきりがいいところで終わっていく形式の漫画で自分が読んだのは夢と呪いに纏わる10話分でした。イメージ的には世にも奇妙な物語を漫画にした感じでしょうか。奇々怪々「呪われたギャラリー」について自分が読んだ10話分の話は呪われたギャラリーというものでした。簡単に内容を説明する...

ジャンプ+の「命を分けたきみと、人生最後の夢をみる」を読んでみて 最後は? 無料感想・ネタバレ

ジャンプ+で新連載がまた始まりました。「命を分けたきみと、人生最後の夢をみる」という漫画で原作者はカラダ探しのウェルザード先生、作画は小倉裕也先生でした。命をわけたきみと、人生最後の夢を見る あらすじネタバレがあるので注意。命を分けたきみと、人生最後の夢を見る1話表紙より引用結論から言うとタイトル通り彼らは命というか寿命、余命を分けた関係です。事の発端は交通事故。トラックの衝突によって女子の窪塚美...

【ジャンプ+】漫画版「俺を好きなのはお前だけかよ」1話2話を読んだ!そして引き込まれた!ネタバレ・感想

ジャンプ+で「俺を好きなのはお前だけかよ」って漫画が連載されました。この漫画は原作がライトノベルでそのコミカライズのようです。出版が電撃文庫でちょっと懐かしくなりました。電撃文庫以外にも読んでいたのですがとりあえずここの出版だととらドラとか灼シャナ(途中まで 積んでいる)とか禁書目録(途中まで 積んでいる)とかは読んでいました。そして気づいたらライトノベルを読まなくなっていて…というわけで「俺を好...

【終末のハーレム】土井編の登場人物と出来事まとめ 一条奈津が可愛すぎた 3巻相当の感想・ネタバレあらすじ

ジャンプ+の終末のハーレムの第三の生き残った男である土井翔太編がだいぶ進みました。おそらく単行本の3巻は彼がメインになってくるでしょう。ここで今までの流れで誰がどうなっているのかをまとめてみようと思います。登場人物担当官の花蓮以外の登場人物。花蓮に関してはまだまだ謎というか素を見せていない(19話までで)気がするのでもう少し後で活躍を見ていきます。柊春歌終末のハーレム15話より引用土井君の前の席。彼と...

「転生したら王女様になりました」の漫画とは 無料感想・ネタバレ・あらすじ

タイトル見て不慮の事故にあった男性が異世界に転生して王女様になって「お、女になってる!!??」みたいな展開からスタートすると誤解していました。「転生したら王女様になりました」って漫画についての感想。ネタバレ有。「転生したら王女様になりました」とはピッコマより引用タイトル通り異世界転生系の漫画です。先に書いておくとこれは韓国が原作の漫画です。縦読みスクロールの漫画にありがちですが日本でリリースされる...

0.0MHz感想 心霊現象の調査のはずが… 無料漫画・ネタバレ・あらすじ

「0.0MHz」とちょっと変わったタイトルの漫画。このマンガを読んでみたのでその感想などを。ネタバレ有。このマンガはホラーではあるのですが心霊現象についてかなりおもしろい考察があったりして思わず「へ~」ってなる説明が多かったです。0.0MHzについて最近また使い出した漫画アプリピッコマで新しく連載がスタートしたマンガ。プロローグでは深淵を覗くとき・・・的な感じでスタートしたこの0.0MHzでジャンルはホラー・ミステ...

ミスミソウとかいう超胸糞で超胸スカ漫画の感想 登場人物・ネタバレ・あらすじ

使っているアプリのランキング上位に表示されていて最近読み始めた「ミスミソウ」(作:押切蓮助)って漫画についての感想。まだ本当に序盤しか読んでいなくて今後ちょっとずつ感想とか付け加えると思いますがその序盤だけでもいろいろとインパクトが凄かったです。ミスミソウとはピッコマの紹介画像より引用狂い始めたクラス。陰湿なイジメが始まる。って紹介分がありますが本当に陰湿で救いようがありませんでした。タイトルのミ...

ROUTE END ルートエンド感想 少年ジャンプっぽくない、けどなんか凄い 無料漫画・ネタバレ

ジャンプ+の新連載のROUTE END(ルートエンド)って漫画を読みました。これはあれです!社会の闇・裏社会を題材に扱ったやつ!前半はちょっと特殊ですが平穏に過ごしている主人公、けれどもだんだんと雲行きが怪しくなっていく主人公でした。この漫画ですがジャンププラスで連載されるもののジャンプっぽさはほとんどなくて、でもWEB漫画っぽさはあります。WEBから始まったわけではないのですが雰囲気はウロボロスっぽいなぁと個...

ジャンプ+の「青のフラッグ」と「阿波連さんははかれない」感想 無料漫画・ネタバレ

ジャンプ+の新連載漫画、「青のフラッグ」と「阿波連さんははかれない」を読んだのでちょっと軽い感想などを。ネタバレ有。青のフラッグ 感想週刊少年ジャンプで連載されていた「クロスマネジ」「バディストライク」の作者であるKAITO先生の「青のフラッグ」がジャンプ+に登場しました。内容は男子二人と女子一人の三角関係を描いた物ですが、、、あっ、これちょっときついやつだ・・・ってなりました。展開も登場人物も魅力的...

「外見至上主義」(作:T.Jun)がガチで面白かったわ 無料漫画感想・ネタバレあらすじ

朝起きたらイケメンになっていた!!!!転生してい世界に行かなくても、岐阜の美少女と入れ替わらなくても、全く新しいキラキラした人生を迎えられる!!そう、イケメンならば!!漫画アプリ「XOY」の中でランキングが高かったT.Jun先生の「外見至上主義」って漫画を最近読みました。このマンガはwebtoonという韓国の出版社?からの漫画ですが日本語訳を読むことができます。これに嵌ったので今回は外見至上主義についてちょっと...

噂の「めしぬま。」を読んだ!言うほど表情は気にならない!? 無料感想・ネタバレ

(ぱっと見るとタイトルが「ぬしぬま」に見える・・・)pixivで漫画をあさっていたところ2chまとめとかで話題になっていた「めしぬま。」がpixivのオリジナル漫画にありました。最近になってピクシブ漫画を読み出したのですがまさかこの「めしぬま。」がピクシブコミック限定だとは思いませんでした。そんなめしぬま。を現在全て無料で読むことができるので一通り読んできたので自分の中にあったギャップや感想などを書いていき...

【ジャンプ+】鉄腕アダムの12話の蝶が不気味だし怖い 無料感想・ネタバレ

ネタバレ有。ジャンプ+で連載されている鉄腕アダム(作:吾妻竜孝)。最近は結構人間同士のトラブルがあったりと蝶は出てくるには出てきますがそこまで存在感はありませんでした。それが12話になると一転。なんかすごい不気味で怖くて絶望感がある蝶が迫ってきました。12話のあらすじ(ネタバレ)ジェシーは何やらFBIと密会していました。FBIは15年前の月面基地についてジェシーに訊こうとするのですがそれをはぐらかすジェ...

レグとリコの正体と過去まとめ!なぜ「メイドイン」アビスなのか 5巻までの感想・考察・ネタバレ

この記事には重大なネタバレがあります。メイドインアビスって漫画を読んでいて最初の方で疑問に思ったことがありました。©2017つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会公式サイトより画像引用その疑問とはタイトル。アビスを冒険するならアビスという文字に加えて「冒険・行く」というワードを入れるのが自然な気がします。それなのにメイドイン=made in、つまり「~製」という意味です。ただ、物語を読み進めていく...

果て無き地下への大冒険 メイドインアビスの世界・生物・人物をまとめてみた【アニメ化】

最近メイドインアビス(作:つくしあきひと先生)という漫画を読みました。内容としては未知の世界をガッツリ探索という路線を突き進んだ感じでした。このマンガはアニメ化もするということでどんな映像になるのか楽しみですがその前に漫画版でアビスはどんな風なのか、何があって何が潜んでいるのかをまとめていき隊と思います。というのもこの物語の世界の中心であるアビスですが未知と恐怖がありつつも好奇心を刺激するものとな...

死後の世界!?猫の国と住猫を「猫の恩返し」原作漫画で徹底考察!ユキちゃん、ルーン、ナトル、猫王、ハナちゃん

ジブリ映画「猫の恩返し」の原作漫画「バロン 猫の男爵」(作:柊あおい先生)を何回か読んで分かったことや思い浮かんだ考察が出てきました。この原作漫画はスピンオフなどを含めて2巻分ですがかなり密度が濃い漫画だと思ったのでちょっと書くことが多くなってしまいました(#^.^#)今回はそれらについて猫の国とそこに住む猫たちに関してまとめてみようと思います。ネタバレ有です。© 柊あおい / フェアベルバロン 猫の男爵1巻よ...

バロンとムタの活躍・能力の振り返りと考察!「猫の恩返し」と「耳をすませば」の原作漫画より

※本記事で使われている画像は本記事で使用する限りは著作権をフリーにするサービスを用いています。ジブリ映画である「耳をすませば」と「猫の恩返し」の原作漫画を読みました。両方とも原作は漫画でタイトルは「耳をすませば」と「バロン 猫の男爵」で、作者は柊あおい先生です。作者が同じという共通点の他にこれらの漫画には深い関わりがあります。特に目立ったキャラクターとして「猫の男爵」と「ムタ」が登場するので今回は...

「歪のアマルガム」の掲載順位が低くて悲しい 面白いと思うんだけどなぁ… 漫画感想・ネタバレ

少年ジャンプで連載されている「歪のアマルガム」。12話では大増23ページとなっていましたが掲載順位は下の方です…個人的に歪のアマルガムが気に入っているのですがこの順位はちょっと今後に不安を覚えてしまいます。雰囲気は「東京喰種」や「Dグレイマン」、あとは一部「紅」とかに近いかもしれないです。これらの漫画が好きだから歪のアマルガムも好きなのかもしれないのですがこういうダークファンタジー系の漫画はジャンプに...

ジャンプ+の読切、空飛ぶモグラがガチの大作だった 無料感想・ネタバレ

ジャンプ+で掲載された読切マンガの空飛ぶモグラ(作:森屋シロ先生)を読みました。何というかとんでもない大作で100ページ越えなのに一気に読み進めてしまいました。マンガというよりもOVAみたいな雰囲気とそれに見合ったクオリティで非常に面白いかったのでちょっとその感想をまとめたいと思います。空飛ぶモグラの個々が面白かった!!荒廃した世界空飛ぶモグラは酸性雨によって地上には住めなくなっており、地下に暮らして...

Top